不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


脳が疲れ、寝ても疲れが取れない慢性疲労症候群

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

サラリーマン兵士達の辿る末路


「おい○○君!!S社の新規企画提案書の件どうなってんの!?
明後日がクライアントへの提出日だよ!!」


「お前何考えてんだ!!あんな事いったらお客さん
興醒めしてしまうだろ!?」


「○○さん!!昨日課内ミーティングで決めた
業務改善戦略案はいつ実行するんですか!?
早く実行してくれないともう限界です!!(怒)」


「今月の目標数値○○万円は絶対に達成してもらいます!!
もしできなければ減給も視野に入れていただく事になりますよ」


「お~~い!!早くしてくれよ!!この店いつも長く待たせるけど
なんなの?」


「お前はもうしゃべるな!!今はこれをやれと言ってん
だからやれよ!!」

 


日夜忙しく働くあなたへ・・・

 


朝早く、眠い目をこすりながら通勤電車に飛び乗り、
ラッシュに揉まれながら出社。


帰りは今度は帰宅ラッシュに巻き込まれ、
疲れで意識が朦朧としながらガタンゴトン電車に
揺られる・・・

 

実際に銃で撃ち合いをする事はないとは言え、
まさしくそれは最前線に立ち、敵軍に突撃していく
勇敢なる兵士そのもの。

 

兵士に課される宿命として、厳しい規律を守り、
また結果を出さなければなりません。

 

そう簡単に商品・サービスは売れないので、
日々夜遅くまでなんとかお客さんに買ってもらえるよう
あの手この手の企画・手法を考える必要があります。


そう簡単にいい商品・サービスを作る事はできないので、
毎日遅くまで試行錯誤を重ねていく必要があります。


そう簡単にお客さんに満足してもらえないので、
最高だと思えるもてなし・サービスを、
嫌な客に大声で怒鳴られながらも提供し続けていく
必要があります。

 


・・・一転、今度は社内に目を向けてみましょう。

 


ご存知、自分の上には「上司」と言う名の
絶対的権力を振りかざす「上官」が君臨し、
生殺与奪を握られています。


伸びるも潰されるも上官次第。
(管理職は会社側の代弁者として絶大な権力を
行使できます。


鬼軍曹な上官もいれば、仏な上官もいると思いますが、
いずれにせよ、「会社」と言う組織が持つ

「ミッションを実現]

するために、あなたに日々干渉してきます。

 

時には目も回るようなハードワークを要求されたり、
深夜残業を課せられたり・・・

 

しかしながら、
ああ、悲しいかな、
その「上官」にもまた「上官」がおり、
実はあなたと同じように、
日々深く悩み苦しんでいるのです。

 

・・・あなたに怒濤のごとく押しかかってくる、
多大な精神的プレッシャーと、
限界ギリギリのハードワークによる肉体的疲労。

 

これら「心身の疲れ」に適切に対処せず放置、
酒やタバコ、その他非生産的な趣味等に
逃げてしまう。

 


すると・・・?

 


一瞬は気が紛れるかもしれないが、
毒(疲れ)は着実にどんどんとあなたに
蓄積されていき、

ある日突然、「壊れて」しまいます。

 

残念ながら「壊れてしまった兵士」はもう必要ありません。

 

こうなってしまったが最後、自発・強制関係なく、
遅かれ早かれ、あなたは会社組織から
ハジキ出されてしまう運命を辿ってしまう事に
なります。

 

この折からの大不況下でほっぽり出されて
しまうとどうなるか・・・


自業自得、自己責任、とバッサリと斬るには
あまりにも非情な話であり、
かつ、この21世紀現代社会が生み出して
しまった悲劇であるとも言えます。

 

 

慢性疲労症候群


以上のような常に、慢性的に疲れを感じ、また蓄積
されていく状態を、

「慢性疲労症候群」

と言います。


こちら恐ろしい事に、病院で肉体・精神両面を
精密検査しても、

「異常なし」

と診断されてしまうケースが多く、
薬を処方する事もできず、まさしく「原因不明」。

 

症状としては、常に身体を襲う疲労感の他に、


・筋肉痛や関節痛
・様々な意欲の低下
・自律神経失調状態(体温をうまく調整できない)
・不眠等の睡眠障害
・鬱等の精神面の不具合
・ひどい頭痛
・慢性的な肩こり


等々、ありとあらゆるマイナス症状に
あなたの心身は侵食されてしまいます。

 

慢性疲労症候群。

 

これはもはや癌や心臓病等と同じ次元の、


「極めて危険な疾病」


と言っても過言ではないと思います。

 


「俺は若いし元気だけが取りえだから大丈夫。
一週間連続徹夜でもまったく問題ないぜ!!」

 


・・・実はこの考えが一番危険です。

 


疲労、
特に脳の疲労は、本人の表面的な意識には
まったく関係なく、容赦なく蓄積されていって
しまいます。

 

あなたの周りでもありませんでしたか?

 

常に周囲に怒鳴り散らしまくっているような
バリバリエネルギッシュなビジネスマンが、

突如心身の調子を崩してしまい
休職、ないし退職を余儀なくされてしまう、
と言うケースが・・・

(もしかするとこれを読んでいるあなたご自信も・・・
いや、詮索はやめておきましょう)

 

 

疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 脳が疲れ、寝ても疲れが取れない慢性疲労症候群
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ