不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


副交感神経が優位で酸素や血液、脳脊髄液やリンパ液循環がスムーズになる

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


先般の「対猛獣モード」とはうって変わって、
「副交感神経優位」状態は、

「再生修復モード」

であると言えます。


人間、動物の身体は実にうまくできており、
きちんと傷ついた身体を修復するシステムが
あらかじめ備わっているのです。


具体的に副交感神経が優位になると、
筋肉が緩み血管が広がって、心臓はゆっくりと鼓動し、
内臓は活発に働きます。

※胃の粘膜もいい感じで働くので、胃潰瘍になる
心配がなくなります。


血管が広がると血の巡りがよくなり、
酸素やその他栄養素等々、体のすみずみまで
しっかりと行き渡らせる事ができます。

 

 

また、これは非常に重要な点となりますが、
「脳脊髄液」の循環がスムーズになります。


この「脳脊髄液」と言うのは神経に栄養を与え、
身体中に溜まる老廃物を取り去ってくれる
代物ですが、
この働き(循環)が悪くなると、
身体にかなりのダメージを被る事になって
しまいます・・・

 

 

ちなみによく聞く有名な「リンパ液」と言うのも、
古くなった細胞の老廃物を処理してくれたり、
身体に進入してきたウイルス・異物の類を
食べてくれますが、

[important]副交感神経が優位[/important]になる事によって、
この働きが活性化します。

 

 

副交感神経優位の時間帯に徹底的にリフレッシュ!!


さて、下記ページをご覧ください。

http://xbrand.yahoo.co.jp/category/beauty/4105/3.html


実はこれ、交感神経と副交感神経の優位度合いを
分かりやすくグラフで表したものなのですが、

副交感神経にご注目。


20:00(夜8時)を過ぎたあたりから
急激に上昇し始め、深夜3時4時頃が
ピークとなり、その後急激に下がりはじめ、
チェンジするかのように、今度は交感神経の
働きが上昇を始めます。

 

 

・・・はい、ここにものすごい重要な秘密が
隠されています。

 

副交感神経が一番活性化する時間帯が、
深夜3時4時頃。


と言う事は・・・

 

 

 

そうなんです!!!

 

 

 

 

まさに「ぐっすり睡眠」している最中に、
MAX(最大値)で働きまくっているわけ
なのですね!!

 


また、しっかり熟睡できると
副交感神経の働きもより強くなるそうで、
例の大魔王、

「疲労物質FF」

も、より効率的に退治できるようになるわけです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副交感神経が優位で酸素や血液、脳脊髄液やリンパ液循環がスムーズになる
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]




このページの先頭へ