不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


視床下部に指令を出せる腹式呼吸の習得は難しい

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

 

横隔膜運動=腹式呼吸。
しかしこれは意外に難度が高いのです(汗)


視床下部に指令を出せる横隔膜運動、
腹式呼吸・・・

 

ぜひ習得したい!!

 

と、テンション高く書籍や雑誌、ネットで
調べてみると・・・

 

例えば以下のような記事や情報に遭遇します。

 

※Q&Aサイト「教えてgoo」より引用。


———————————————————-

腹式呼吸は、単にお腹を膨らませるのではなく、
下腹部前面(腹直筋)・下腹部側面(外腹斜筋)
・下腹部背面(広背筋)を広げる様に息を入れます。

鳩胸・・胸を前上へ突き出します。

上半身・・そのままの形をそっと骨盤の上に置くように力を
抜いて下さい。

肩の力・・少し前下へ抜きます。

 


呼吸法
(1)・・・まずゆっくり吐きます(口で)

(2)・・・1~2秒で一気に入れます(鼻で)
(横隔膜を下へ押し付けるようにすれば勝手に入ってきます)

(3)・・・更に下へ押し付け2秒静止
(この時尻の穴が締まっている事。)

(4)・・・8秒かけてゆっくり吐く(口で)
(腹筋で嫌がる横隔膜を押し上げます)。

(5)・・・2秒間止めます(次に入れるための準備に
なりますが、これは気にしなくてもいいと思います)。


これの繰り返しが腹式呼吸です。

横隔膜の上げ下げが解らない内は、下腹部を膨らませるように
して息を入れ、それを下へ押し付けます。
横と後ろが広がれば横隔膜が確りと下がっています。
(風船を下へ押し付けるような呼吸)

——————————————————–

※以上、引用終わり。

 

 

・・・結論から言います。

 

 

上記は腹式呼吸について、完璧なまでに
「説明」できています。

 

 

はっきり言って申し分ございません。

 

 

「よし!!この通りやってみよう!!」

 

 

・・・

 

 

いかがでしたか?


完璧にできましたか?

 

 

・・・いやいや、できるわけないですよね(汗)

 

 

できるわけない、と言うよりも、


「果たして本当にできているのかどうか?」


と言う事自体が疑問で、確認のしようがないはずです。

 

たとえるなら、難しい試験問題を解いた事は
解いたけれども、
そもそもそれが正解しているかどうかがわからない、

と言った感覚でしょうか。

 

 

この問題を解決するには、

「実際に対面で教えてもらう」

これしかありません。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 視床下部に指令を出せる腹式呼吸の習得は難しい
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ