自律神経系の生理機能の中で、無意識(セミオート)でできるのは呼吸だけ!

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


全てオート(自動)で事が済む人間の生理機能。しかし例外が一つだけあります


人間の、自律神経系が関連する生理機能ですが、
これは当然ながら、日々朝から晩まで

「オート(自動)」

で働いてくれていますよね?

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経系の生理機能の中で、無意識(セミオート)でできるのは呼吸だけ!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

副交感神経優位でリラックスモードを実現するには、生理機能を使う

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


はい、前回の講座含め、ここまで「自律神経」に
ついて、長々とご説明してきましたが、
結論は非常にシンプルで、

「副交感神経の働きを優位」

にさせる事さえできれば、ぐっすり眠れて疲れを
ふっ飛ばす事ができる、

と言うわけなのですね。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副交感神経優位でリラックスモードを実現するには、生理機能を使う
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

副交感神経が優位で酸素や血液、脳脊髄液やリンパ液循環がスムーズになる

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


先般の「対猛獣モード」とはうって変わって、
「副交感神経優位」状態は、

「再生修復モード」

であると言えます。


人間、動物の身体は実にうまくできており、
きちんと傷ついた身体を修復するシステムが
あらかじめ備わっているのです。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副交感神経が優位で酸素や血液、脳脊髄液やリンパ液循環がスムーズになる
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

副交感神経を優位にさせ、リラックスと精神安定を得る

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


対猛獣モードを鎮めるには・・・


猛獣に襲われた時に、「戦うか逃げるか」、
「ファイトオアフライト反応」が起こり、
自律神経の「交感神経」が優位になる。


しかしこれが頻繁に、また必要ない時にも
「優位」になると、「暴走」が起こってしまい、
不眠を始め、様々な不具合に悩まされてしまう
と言うのが、前回の内容でした。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副交感神経を優位にさせ、リラックスと精神安定を得る
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

交感神経の暴走がストレス不眠、浅眠の原因です

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


睡眠と交感神経の暴走の関係


有効にコントロールできれば非常に役立つ交感神経。


仮に日常の活動で交感神経をまったく
働かせないとなると、人として生きて
いく事が大変困難になってしまう事でしょう。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 交感神経の暴走がストレス不眠、浅眠の原因です
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ