不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


運動不足と疲労

「運動不足によって疲労が引き起こってしまう」


こう言うと「何を当たり前の事を」と思われるかもしれませんが、これは想像以上に深刻な疲労問題の火種となっています。

今回しっかりとレクチャーさせていただきますので、お勉強いただければと思います。


運動と疲労の方程式について


運動を実施すれば疲れる・・・

これはそれこそ幼稚園児でもわかるお話しですが、では

「どの程度運動すれば疲労を感じる(疲れる)のかと言う基準」
は把握されてますか?

実は方程式と言うものが存在します。

その方程式はズバリ、以下です。


「運動負荷の高さ」×「運動量」=「疲労度」

「運動負荷の高さ」とは、ある運動を実施した際に生じる、身体に与える負担の事です。

例えば、毎日10キロ走ってる人が1キロ走った場合と、10年間実質一回もまともに走った事のない人が、同じく1キロ走った場合の、「身体にかかる負荷の高さ」はまったく違います。


ちょっと具体的にシミュレーションしてみましょうか。


【■毎日10キロ走るAさん】

【■10年間実質一回もまともに走った事のないBさん】

↓ 二人ともぞれぞれ1キロ走った結果・・・


【■Aさん】 「1(=運動負荷の高さ)」×「100(=運動量)」=「100(=疲労度)」

【■Bさん】 「50(=運動負荷の高さ)」×「100(=運動量)」=「5000(=疲労度)」


はい、運動量が同じでも大きな差が出てしまいましたね。 上記の場合は、当然Bさんの方が10年間一切走っていないですから、運動負荷が高くなるわけです。

もしもAさんにBさんと同じだけの「疲労度」を与えようとすると、「5000」もの運動量を与えなければなりません。(なんと50倍!)

さて、このように具体的に数値でシミュレーションしてみれば、運動不足が何故疲労につながるのか、お分かりいただけたのではないでしょうか?


事項に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 運動不足と疲労
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ