不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


休息によって不眠や疲労困憊状態が回復するか否かで判断

※前回の記事(まだ読まれていない場合はお読みください)


その2:休息によって疲労回復するか否か

こちら疲労回復のカテゴリ(リンク)でご説明しておりますが、肉体的疲労は睡眠や休息、とある疲労回復物質の分泌によって、たいてい回復します。

しかしながら、精神的疲労の場合は、上記疲労回復方法が通用しにくくなります。


より正確に言いますと、睡眠を取ると確かに疲れは取れるのですが、精神的悩みやストレスに苛まれていると、そもそもしっかりとした深い睡眠を取る事ができなくなります。

これはいわゆる不眠症と呼ばれる現象ですが、例えばあなたもご経験がおありの事だと思いますが、高校や大学の入学試験の前日は、緊張でなかなか寝付けなかったり、あるいはそのまま眠れずに朝を迎えたのではないでしょうか? (私は高校受験の前日は結局一睡もできませんでした・・・)

上記の場合は、極めて特殊なシチュエーションであり、あくまで一時的に精神ストレスがかかった状態にすぎませんので、特に大きな問題には発展しません。

入学試験終了後、帰宅するや否や堰を切ったように爆睡する事でしょう。


また、これも私(筆者)の実体験ですが、祖母が亡くなった際、怒濤のごとく突き上げてくる悲しみに身を焦がされ、お通夜の前日、お通夜の日とも疲労困憊、ほぼ一睡もできないような状況でした。

しかしながら、お葬式が終わり、無事に祖母を天国に送り出す事ができ、全て終わったと同時に、悲しみの感情がぴたっと晴れ、それ以上涙を流す事はなく通常の精神状態、生活に戻りました。


以上の二つの例は、いわゆる

スポット(一部分、部分)的に精神的ストレスがかかった状態

と言えます。


いずれも短時間で精神的ストレスから解放されたため、一晩も眠れば十分に疲労回復します。


ですがそうではなく、これが恒久的に継続的にかかってきている精神的ストレスだったとしたら、どうなるでしょうか?

次の日も、そのまた次の日も連続して不眠となってしまうわけです。


しっかり休息を取れて疲労回復するか否か、これが精神的疲労か肉体的疲労か見分けるための方法の一つです。


続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 休息によって不眠や疲労困憊状態が回復するか否かで判断
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:精神面の疲労・疲れ

このページの先頭へ