不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


精神的ストレスによる疲労と倦怠感を感じる時間帯について

※前回の記事(まだ読まれていない場合はお読みください)


ユーストレスやディストレス等、ストレスの仕組みにつきまして、かなり詳しくレクチャー致しましたが、ご理解いただけましたでしょうか。


さて、このカテゴリ項目では「精神的要因による疲労」についてのご説明となってございますので、いよいよそちらのご説明に入らせていただきます。



精神的ストレスによって蓄積する疲労


ストレス(正確にはディストレスですが、今後は一般認知の高いストレスと言う言葉を使っていきます)を感じると、精神的にも多大な負荷がかかり、放っておくと深刻な疲労となって蓄積していってしまいます。


しかも肉体的な疲労に比べて、精神的な疲労の方が「わかりにくい、実感しにくい」と言う不利な特徴を持っています。


では、どうすれば精神的疲労であると認識する事ができるのでしょうか?


下記から見極め方をレクチャー致しますので、ご自身に当てはめチェックしてみてください。



その1:疲労を感じてしまう時間帯

肉体的疲労は何か活動をすれば、必ず大なり小なり感じてしまいます。 通常は昼間に活動致しますので、夜になれば疲れを感じ、休息モードに入ります。


しかしながら、精神的ストレスによる疲労にやられてしまっている場合は、

このサイクルや時間帯に限定されず、感じてしまう事
があります。

つまり寝起きだったり、日中の一番活動的な時間帯であるにも関わらず、重い倦怠感に突如襲われたり・・・と言ったケースです。


特にうつ(鬱)状態に陥ってしまっていると、起床する事ができず、1日中寝てしまう、と言った現象が起こってしまう事があります。


(次回に続く)



疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 精神的ストレスによる疲労と倦怠感を感じる時間帯について
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:精神面の疲労・疲れ

このページの先頭へ