不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


唾液&ヘルペスウイルスでわかる疲労度調査方法とは?

疲労物質FFを使えばどのくらい疲れているか、その疲労度を具体的に計る事ができる。

これは非常に画期的であると言うお話しを「前回(リンク)」させていただきました。

さらに血中のFFの値を計る(血液検査)と同時に、「生息するウイルス」の発生量によっても、疲労度を実測する事もできます。


実は疲労が発生すると、それに反応して体内のウイルスの働きが活発化するのですね。


そして活発化するウイルス群の中でも、特に疲労蓄積に反応しやすいウイルスがあります。

そのウイルスは「HHV-6(ヒトヘルペスウイルス6型)」と「HHV-7(ヒトヘルペスウイルス7型)」と呼ばれます。

そうです、いわゆるあの唇の周りが荒れてしまう「ヘルペス」ですね。 (これを口唇ヘルペスと言います。上記6型7型とはまたタイプが違いますが)



人ヘルペスウイルスの数


では何故ゆえこのヒトウイルスヘルペスで疲労度がわかるのか?

実はこのヘルペスですが、ほぼ全ての人が保持しているウイルスで、普段は大人しく身体の中に潜伏しています。

しかしながら、疲労や病気によって身体が弱ると、「体の外に逃げ出そう」とするのですね。

何故かと言うと宿主(人間)が弱ってしまうと生息していくに当たって不利になり、最悪死んでしまおうものなら自分(ウイルス自身)も「共倒れ」となってしまいます。

これは人間社会でたとえると、サラリーマンとしてとある会社に勤めているものの、会社の経営状態が傾いたと言う事であれば、危険を避けるために転職する、と言う構図に酷似していますね。


そしてヒトウイルスヘルペスが逃げ出そうとする際には、「唾液」に集まります。

唾液と言うのは当然ですが、しゃべったり、くしゃみをしたりする際に、口から飛び出しやすいですよね。

体の外に出て、新たな「宿主」に寄生する事ができるわけです。

※ちなみに唾液ではなく、唇の周りの皮膚にもよく集まったりします。 これも口周りに向かって脱出をはかっていると言うわけですね。


以上の根拠から、

唾液中のヘルペスウイルスの数を計測すると疲労度がわかる
と言う事なのですね。



とある芸能人の驚愕の疲労数値とは・・・?


とあるTV番組でとある売れっ子お笑い芸人が、疲労度を測るため、ヒトヘルペスウイルスの検査をしました。

ヒトヘルペスウイルスは10万(copies/ml)までであれば正常範囲とされます。

ではその売れっ子お笑い芸人がいくらだったのかと言うと・・・?

なんと128万(copies/ml)もありました!!

通常の10倍以上の値であり、疲れがかなり蓄積されていると言う事ですね。




※こちらの講座を受講すれば、あなたの血液中の疲労物質の値はみるみるうちに下がっていくはずです。 今なら無料受講可能です!!

★【~7日間集中健康WEB講座~】★ 10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 唾液&ヘルペスウイルスでわかる疲労度調査方法とは?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ