不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


過労死が原因と見られる死亡件数はなんと年間1万人!!

過労死・・・

この言葉は「KAROSHI」として世界で通用する程有名となってしまっています。

過労死とはご存じの通り、過剰労働によって肉体的・精神的に極度のストレスに晒された結果、脳溢血等の脳血管疾患や、心筋梗塞等で突然死してしまう事を指しますが、広義ではうつ(鬱)状態に陥って自殺してしまう場合も含まれます。


そしてこの過労死こそが、

「疲労感を感じない疲労」、「疲労がマスクされている状態」
と密接に関連しているのです。


特に責任感が強すぎる人の過労死してしまう可能性が非常に高いと言われますが、これなどは「責任感」によってガッツリと疲労がマスク(リンク)されてしまっているわけです。


また、お金儲けやビジネスそのものに異常なまでにのめり込んでしまって・・・と言う場合もありますね。


いずれにしても、疲労感がマスクされてしまい、疲労が極度に蓄積されているにも関わらず、疲労感を感じられない事によっておきてしまう悲劇だと言えます。

なんと以下にような凄まじい数の犠牲者が出ているそうです!

WEBサイト、「病気のはなし・病気辞典・病気」より引用

Q3:過労死の原因はどのような病気でしょうか?

A3:過労死の死因の80%は急性心筋梗塞、急性心不全など心臓の病気が60~70%を占め、次いで30%がクモ膜下出血、脳出血と考えられております。

全国で1年間に1万人のサラリーマンが過労死になっていると推測されております。

Q4:過労死と認定された数を教えて下さい?

A4:年間500~800件近い申請がでますが、認定されるのは数パーセント以下です。労基署段階での過労死労災認定件数は1991年度18件、1992年度18件、1993年度31件、1994年度32件、1995年度76件と増え続けています。


なんと年間1万人もの給与所得者(サラリーマン)が過労死と見られる原因で亡くなってるそうです!!

また、過労死として認定されるのは数パーセントにすぎないらしく、

過労死として認められていない潜在的ケースが驚く程多い
と言う事ですね。


これは残された遺族への補償等々、非常に深刻な社会問題です。

過労死について本格的にお話ししだすと膨大な量になってきてしまうので、さらなる詳細や状況、事例はまた別の項を設けて詳しくレクチャーさせていただきます。


なお、当サイト、「疲労回復実践会」では、過労死を少しでもなくしていけるよう、ひたすら実践的な情報を発信し続けていきますので、もしも身近な方やお知り合いにあきらかに危険信号を発していると見受けられる方がいらっしゃれば、ぜひご紹介いただけますと幸いです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 過労死が原因と見られる死亡件数はなんと年間1万人!!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ