不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


長期疲労の悪影響

疲労には短期的な疲労と長期的な疲労の二種類あります。

半年以上続けば「慢性的な疲れ」となり、日常生活及び社会生活に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。

例えばあなたの職場にいつも顔色が悪くて言動が疲れ切っていると言う方はいませんか?

私の職場にも週3,4日ほど会社に泊まり込んでしまうと言う労働過多となってしまっている方がいたのですが、本当に苦しそうな表情をされておられました。

この方は結局、業務中に倒れてしまい、救急車で運ばれてしまいました。 (倒れる瞬間を目撃してしまったのですが、もうその直前から意識が朦朧とされているのがありありとわかりました)


ここまでいかなかったとしても、慢性的な疲れにやられていると、何をするにも意欲がなくなる「億劫な」気持ちとなり、仕事や家族関係、人間関係に支障を来たしてしまう事でしょう。


ある調査によると、慢性的な疲労を訴えた方々のうち、

約半数は職場や学校等をしばしば休んでしまう
そうです。


こうなると当然ながら、社会生活を起こしていく上で様々な不具合が発生してしまう事となってしまいます。

多少疲れたとしても、一晩眠ってスッキリと解消するのであれば正常の範囲内ですが、そうでなければ「危険シグナル」が出ていると判断し、何らかのご対処をされるのが懸命です。


実は疲労がもたらす「社会的損失」の規模は莫大で、経済産業省の指針を元に、疲労に関する調査結果から経済損失を算出してみたところ、実に年間約1.2兆円に及ぶ事態にまで陥っているそうです・・・


これはもはや個人的な問題で片付けられる次元ではなく、大きな社会問題ではないでしょうか。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 長期疲労の悪影響
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:疲労(疲れ)とは?

このページの先頭へ