眼精疲労や頭痛や吐き気等の病気は、酸素不足で起こる

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

 

「全ての病気の原因は酸素不足にある」

 

「全ての病気の原因は酸素不足にある」

 

これ、千円札の肖像画でお馴染みで、
ノーベル賞にもノミネートされた
野口英世博士のお言葉です。

 

前回の講座では「酸素不足と肥満」についてご説明
しましたが、酸素欠乏による不具合はまだまだ
あります・・・

 

 

脳の働きが低下


これは既に過去の「酸素の章講座」で
ご説明済みですね。


一応さらっと復習致しますと、
脳の酸素消費量は凄まじく、酸素が
行かなくなると、特に記憶力や集中力を
司る、「海馬」の働きが落ちてしまい
仕事等に支障を来たしてしまいます。

 

 

疲れやすくなる


「高山病」と言う言葉を聞いた事は
おありでしょうか?


これは例えば山頂等の標高が高い高地に
身を置いた際、酸素濃度が低いがために
酸素不足に陥って、
様々な不具合が出てしまう病気の事です。

※具体的には頭痛、吐気、眠気(めまい)等々

 

酸素不足に陥ると、程度は軽いとは言え、
まさしくこれと同じ事が起こります。


「プチ高山病」とでも呼びましょうか。


なんとなく気だるい、
すぐに疲れてしまう、
ここぞと言う時に踏ん張れない、


等々、酸素が不足していると、
以上のような不具合が発生して
しまいがちになります。

 

 

目の疲れ


さて、特にオフィスでのお仕事をしている方に
多い悩みが、「目の疲れ、眼精疲労」。


「眼球」ですが、言うまでもないですが、
かなり緻密な働きをする機関です。


毛細血管が集中しまくっているため、
酸素の補給の必要性・重要性は、極めて高い。


酸素が十分に供給されていれば、
毛細血管に十分酸素がいきわたるので、
健康な状態を保てるのですが、

パソコンで何時間も延々とディスプレイ画面を
見続けると言う事は、相当目を酷使してしまう結果と
なってしまいます。


そのため、目の酸素消費量が激しくなり、
より大量の酸素補給が必要となるわけですが、
普通、呼吸法やったりしてる人は少ないので、
不足がちとなってしまい、
眼精疲労に陥ってしまうわけです。

 

ちなみにこの「眼精疲労」ですが、
なめたらあきまへん。

 

目が疲れるのみならず、
頭痛、吐き気、めまい、肩こり等々、
他の部位にも不具合が出てきて
しまいます。


実は目の神経、「視神経」と言うのは、
脳に直接つながっている

「中枢〈ちゅうすう〉神経」

ですので、他の神経系と密接に絡みあって
いるので、目以外にも不具合が出たり
してしまうのです。

 

 

お肌と酸素


当然ですが、「細胞」も酸素を欲しております。

細胞へは毛細血管を通じて酸素が補給されるのですが、
量が少なかったりすると、黒ずんでしまったり、
ハリがなくなってしまいます。

また、細胞は新陳代謝を活発に繰り返していくわけですが、
酸素供給量が少ないと、新陳代謝の働きが低下し、
老化が早まってしまいます。

 

 

それでは次回。

酸素欠乏状態に陥ってしまう「理由」に
つきまして、レクチャーさせていただきます。

 

と言うわけで、酸素を十分に補給し、
疲れやすくなってしまう状態を
なんとか改善したいと真剣に
お悩みであれば、今すぐこちらの
呼吸法おご実践くださいませ。


★疲れのみならず、目と肌の調子も良くなってしまう爆裂呼吸法!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 眼精疲労や頭痛や吐き気等の病気は、酸素不足で起こる
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

酸素が欠乏すると体脂肪分解効率が落ち、肥満に


【勇飛健康講座】活性酸素と健康について


酸素欠乏、恐怖の全貌!!


身体中を駆け巡る酸素・・・

人間の体内における理想の「酸素濃度」は「97%以上」と
言われています。

これが最近では「95%以下」まで落ちている人が
増えているそうです。


はっきり言いまして濃度が2%も違いますと、
痛い、
痛すぎます・・・(汗)

 

では酸素濃度が低いと具体的にどのような害が
表れるのでしょうか。

 

酸素欠乏の恐怖の全貌を以下より順に
お伝え致します!!

 

 

肥満、デブになりやすいのです(涙)


人の体内には「リバーゼ」と呼ばれる脂肪燃焼を行う
酵素があります。


このリバーゼは、体内の体脂肪を分解して血液中に送りこみ、
さらにそれをガッツリと燃焼する働きをします。

 

そしてこのリバーゼ、実は、


「酸素」


をエネルギー源にして働きます。

 

「また酸素かい!!」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、
そうです、また酸素ちゃんです。

 


こちら、上記文ですが、
今一度ご注目あれ。

 

>このリバーゼは、体内の体脂肪を分解して血液中に送りこみ、


そうです。


血液中に送り込み、とありますが、
血液の中には酸素が溶け込んでおります。


がっつり酸素を血液に取り入れていなければ、
なかなか脂肪が燃焼されない、
と言う事ですね。

 

ちなみに、酸素濃度が1%高い状態で1ヶ月過ごすと、
な、なんと!!


「ウォーキングを30分するのと同じ脂肪燃焼効果」


があるそうです。


つまりは、酸素濃度が低ければ低いほど、
脂肪の燃焼効率がますます落ちていってしまい、、
酸素濃度の高い人と同じだけの時間と量
運動しても、何か損した気持ちに陥って
しまうわけです(涙)


要するにいわゆる「基礎代謝」の高い低いと
同じような概念ですね。

 

これはダイエットメルマガではないので、
詳述するのは割愛させていただきますが。

 


あなたがもしも体型が気になられていると言う事でしたら、
ぜひとも酸素を補給してください。

 


それでは次回、引き続き酸素欠乏によって
起こる不具合をお知らせしていきますね。

 

 

ちなみに・・・


酸素をがっつりと補給したければ、
近くの林や自然公園でウォーキングした後で、
ゆったりと座り、
こちらをご実践ください。

 

それはもう、一つ一つの細胞の奥深くまで
酸素で満たされ、脂肪分解酵素リバーゼ君も
テンション高く働いてくれますよ・・・

 

★脂肪消滅最終兵器、超絶気絶最強酸素補給法は
こちらから無料で習得できます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 酸素が欠乏すると体脂肪分解効率が落ち、肥満に
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

血液は心臓に酸素を運び、ホメオスターシスを維持する

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

血液、それは生命の気脈


さて、前回心臓のお話をさせていただきましたが、
チラっと「血液」に言及した事は覚えておいで
でしょうか?


「血液が心臓に酸素を運び込む」


と。


この「血液」ですが、あなたが思っている
以上にヴァリエーションに富んだ働きを
秘めているのです。

 

【役割その1:運搬】

これが前回もご説明した役割です。

真っ赤な液体は「血管」と呼ばれる管の中を
流れているわけですが、その液体の中に
様々なものを溶け込ませ、身体の隅々まで
運搬する事ができます。


具体的には、

●酸素
●二酸化炭素
●各種栄養素
●ホルモン物質
●免疫系の物質※超重要
●尿素等の老廃物


・・・と、まぁこれほぼ全部ですよね。

 


【異物排除機能】

上記でご紹介している「免疫系物質」が
血液中には多く存在します。
それらの物質が細菌・ウイルスを始めとした
各種病原体を排除します。

 


【体内環境の恒常維持】

でました恒常=ホメオスターシス。
※7日間集中講座でレクチャー致しましたよね?


我々の身体を「一定の安定した状態」に保つため、
大活躍しているのです。

以下、純に具体的にレクチャー致しますと・・・


●浸透圧の維持
⇒こちら詳しく説明すると難しくなるので
簡単に言いますと、水分吸収のやりとりの
仕組みとなります。

もしも仮に血液の浸透圧が低くなってしまった場合は、
血中の水分が外に染み出してしまい、
むくみ等の症状に見舞われてしまいます。


●pH(ペーハー)値の維持
⇒これは聞いた事があるかと思いますが、
物質の酸性、アルカリ性の度合いを表す数値です。
バランスのいい値に保とうとする力が
働きます。

この概念(pH値)は当然人間以外の動植物にも
当てはまり、「酸性に傾いた食事をすると身体に悪い」
と言われる理由となります。
※油っこい食べ物は酸性に傾き易い等々。


●体温の調整
⇒実は体温調整は血液が大きな役割を
果たしていたのですね!!

暑い時は、体内の熱を外に出すため血管が太くなり、
たくさんの血液を流すことによって、
皮膚の表面温度を上げます。

こうなるといわゆる「汗をかく」ことになるわけですが、
皮膚から熱を外にどんどん放出し、
体の中に熱がたまらないように調節をします。


逆に寒い時は熱できるだけ逃がさないように
する必要があります。

血管が細くなり、血流を鈍くする事で、
皮膚表面の温度を低く保ち、体内の熱を
外に逃がさないように調節します。

 

 

「血中酸素量」につきまして


ここで血液と酸素について。


血液中の酸素量が一定レベルを下回ると、
立ちくらみ・めまい・卒倒などの症状が起き、
最悪の場合生命の危険にさらされる事が
あります。


「命の危険」


・・・


これは当たり前の話ですが、酸素は血液に
よって全身に運ばれるので、何らかの
理由で血液に酸素が供給されなくなれば
当然そうなりますよね。

 


しかし!!

 


近年はきちんと酸素を取り入れる事ができない
「酸欠人間」と呼ばれる人達が増加傾向に
あるそうなのですね。

 

酸素は空気中にたっぷりと充満しているのですが、
取り込む方(人間)が、しっかりと取り入れる事が
できないので、人によって酸素濃度が
異なってしまうのです。

 

次回で詳しくご説明させていただきますので、
乞うご期待!!!

 

 

ちなみに命の危険に陥りたくなければ、
やはり「深い呼吸」をできるように
なっておくといいのではないでしょうか・・・


★血液に一気に酸素をぶち込み超注入法!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 血液は心臓に酸素を運び、ホメオスターシスを維持する
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

心臓は酸素によって生涯健康に働き続ける

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

 

休む事なく働く心臓のエネルギー源は「酸素」です


さて、この一生涯に30億回も動く心臓ですが、
そもそもどういうメカニズムで動いているのか。


動かしているもの、すなわち「エネルギー源」は
一体何なのか?

 

それはズバリ

「酸素」
なのです。

 

これがもう完全にガソリン代わりとなり、
心臓をズキュンズキュン動かしております。

 

少し専門的なご説明になってしまいますが、
大動脈(血管の大本)の根もとから派生している
「冠動脈」から酸素が十分に溶けた血液が
心臓自体に送り込まれており、
そのおかげでドクンドクン拍動させる事が
できるのですね。

※つまり、心臓から全身に送り出す血液とは別に、
心臓内部に入ってくる血液だと言う事です。

 

もしも酸素の供給が断たれれば、
プスプスとガス欠を起こした車のようになり、
容赦なく止まってしまいます(汗)

 

「エネルギー源は酸素のみ」

 

これは衝撃ですよね!!

 

通常、酸素が不足すると、何か息苦しくなる、
程度のイメージが一般的だと思いますが、
心臓が止まる、心停止も起こってしまうのですね。

 

人間(生物)は生まれてから死の瞬間まで
息を吸い、吐き出し続けているわけですが、

そしてあなたのみならず、
多くの人類達は特にそれに意識を向ける事なく
何気なく呼吸して酸素を取り入れているわけですが、

これはすごい事なんだと思います。

 

狩で獲物を狩るように、酸素達を取り入れていると。

 

酸素があるのが、まるで小学生の時に家に帰ったら
母親が晩ご飯を作ってくれているみたいに、
完全に当たり前のものになってしまっている感が
あります。

 

しかしながら、いきなり何もない空間から
突如酸素が出来上がっているわけではなく、
当然ながら「供給元」があるわけですね。

 

その「供給元」に意識を向け、
酸素の存在、ありがたさをもっともっと
感じてみてはいかがでしょうか。

 

ほんの数分酸素の供給が断たれただけで、
死に至ってしまうわけですから、
その偉大さたるや、まさに、

「神の領域」

なのではないでしょうか。

 

 

深い呼吸で心臓に新鮮な酸素をギュンギュン
送り込みましょう!!


・・・さて、ここまでお読みいただいて
いかがでしたでしょうか?


「酸素をしっかり取りいれ、いつまでも
健康に心臓さんに働いていて欲しい!!」


そう思われたのではないでしょうか?


私勇飛はまだ若いので、心臓疾患等の
心配は比較的低いのですが、やっぱり将来の事を
考えて、しっかり働いていてもらいたいと
個人的には強く思いますね。

 

その意味で「呼吸法」に出会えて
本当によかったと思います。

 

毎日毎日実践しておりますので、
おそらくたっぷりと新鮮なエネルギーが
補給され、これからも私の心臓さんは、
(事故に遭う等は別にして)
健康にしっかり拍動していってくれるのでは
ないでしょうか。

 

 

酸素が心臓に大量に供給されていっている
イメージで実施すれば、より効果が高まるかと思いますよ。

★心臓に酸素超供給呼吸法を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 心臓は酸素によって生涯健康に働き続ける
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

心臓は緊張と収縮を繰り返し、大量の血液を全身に送る

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

 

まだまだ酸素のものすごさをレクチャーして
いきますよ。


さて、これは勇飛もごく最近知ったばかりの話で、
「ものすごくビビった」ので、
あなたにもシェアさせていただきます。

 

まず、酸素は「肺」に取り入れられるのは
ご存知かと思います。


肺の中は「肺胞」と呼ばれる器官があり、
ここに酸素を取りいれ、血管に供給します。


血液中に酸素を補給するわけですね。


そしてその血液ですが、そのままでは当然
身体中に巡らないので、勢いよく巡らす
必要があります。


ポンプのようにズキュンズキュン勢い良く
巡らせられるようにできればいいのにな・・・

 

そんな思いを、空気を汲んだからかどうかは
わかりませんが(笑)、まさにうってつけの

「血を全身に巡らせるために働く器官」

が備え付けられています。

 

それが、

「心臓」


よく理科の授業等でイラストの図解が
出てきますが、何やらややこしい構造を
していますよね。

※イラスト図解
http://health.goo.ne.jp/medical/mame/karada/jin015.html

 

これ、一言で言うと血液を送り出す機能に
特化された「ポンプ」なのですね。


さらに具体的に言いますと、

「筋肉でできた袋」

であり、その袋が絶えず収縮と拡張を繰り返し、
ものすごい勢いで全身に血を巡らせているわけです。

 

その拍動数毎分70回、1日述べ約10万回、
さらに「一生」で計算すると実に、

「30億回」

にも達します。

※30億回も動き続けるってほんとにすごいですよね(汗)




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 心臓は緊張と収縮を繰り返し、大量の血液を全身に送る
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ