不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


酸素は生命活動するためや脳細胞に必要


【勇飛健康講座】活性酸素と健康について


まずは「酸素」から!!


さて、

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

では終始一貫して、「呼吸」が自律神経調整に作用する重要な働きをしていると
お伝えしてきました。


呼吸と言うのは当然、「酸素」を取り入れる事を
主目的に行います。


すると、下記のような疑問が出てくるかもしれません。


「勇飛さん、ぶっちゃけ呼吸法で酸素を大量に取り入れると
活性酸素も増えてしまうんじゃないの?」


実はこの質問、最近か~な~りよくいただきます。


ほんとに各方面からこれでもか、と言うくらいいただきます。

 

この疑問にお答えするには、まずは「酸素」について
さらにご理解いただく必要がありますので、
講座前半は、「酸素レクチャー」とさせていただきます。
(しっかりと習得してくださいね)

 

 

生命体の「ガソリン」である酸素


酸素・・・

 


これはもう言わずもがな、生命体にとって
絶対的に必要な

「ガソリン(燃料)」

みたいなものでして、酸素の供給が断たれると、
ご存知の通り、ものの数分~10分程で死に至ります。

 

この酸素。

 

いわゆる「空気」と呼ばれる複数の気体の混合物の中に
含まれている成分であり、ものすごく重要かつ
ヴァリエーション豊かな働きをします。


順を追ってご紹介していきますので、
しっかりと確実に勉強していきましょう!

 

 

脳と酸素


脳・・・


人間の動きや感情等、生命活動の全てを
司る、司令器官です。


百数十億個もの細胞で講成される脳は、
当然ながら常日頃から休む事なく複雑な
働きをしており、大きなエネルギー(酸素)
が必要となります。


脳の重量は約1.5キログラムであり、
全体重の比率から見ると「2%」ほどに
すぎないが、その酸素消費量は、何と
実に全体の「25%」にも及びます。


酸素の全体量の4分の1も消費すると
言うその凄まじさ・・・


最も危険なのが、「脳に酸素がいかなくなって
しまうと言う現象である」と言う事ですね。

 

次回に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 酸素は生命活動するためや脳細胞に必要
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ