不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座

最新情報

脳疲労について
脳疲労は思考力を低下させ、自律神経系にも不具合を起こしてしまいます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
腹式呼吸でアルファ波を出してリラックスしながらセロトニンを分泌させよう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
噛み噛み咀嚼してセロトニンを分泌させ、ストレスを解消しましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

疲労回復実践会とは?(当サイトのご紹介)

精神的にも肉体的にも、まるで猛毒にやられたかのごときダメージを受け、慢性的な疲労にやられてしまっていて、正直もうクタクタ・・・

このサイトは、そんな不眠やうつ(鬱)をはじめ、ギリギリ限界状態で苦しんいる方向けに、究極の疲労回復方法を伝授していくサイトです。

サイト内にてご紹介している理論を元にご実践いただき、うつ(鬱)や疲労をふっ飛ばし、「元気ハツラツ健康人」となって、人生大逆転していただける事を目標に、当実践会では濃い情報を発信していきます。

疲労回復実践講座(当サイトコンテンツ)目次

下記、当サイトコンテンツのカテゴリー別目次となります。
基本的には上から順にお読み進めいただけるますと、よりご理解いただきやすいです。


疲労(疲れ)とは?

病的疲労

病的疲労とは、生理的疲労とはまた違った種類の疲労です。

文字通りなのですが、病気・疾患を原因とした疲労で、「基礎疾患」がはっきりしているか否かでまた二つに分類されます。

 

基礎疾患


 基礎疾患とは、[tip]「病気の元となる疾患」[/tip]を指します。


これだけではわかりにくいので具体的な例を挙げますと、例えば「高血圧」と呼ばれる疾患がありますが、この状態にあると様々な病気を発祥してしまうリスクが高いわけです。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 病的疲労
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]

生理的疲労

疲労は「身体由来か脳由来」かと言う分類プラス、「病的かそうでないか」と言う切り口でも分類できます。

本記事では病的ではない、病的な要素のない「生理的疲労」についてレクチャーさせていただきます。

生理的疲労とは、

[tip]疾患・疾病が要因ではなく、仕事や家事の各種作業や肉体を使った運動を実施した際に起こる疲れ[/tip]

の事です。

 

発生条件としては、

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 生理的疲労
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]

脳疲労(中枢性疲労)

脳そのものが主体となって感じる疲労です。

「脳」と言うからには一見何か精神的なストレス「心の疲れ」の蓄積によって疲労が引きこされるのかと思われがちです。

しかし、実は過労や睡眠不足等の肉体的疲労も、結局は脳にも負担がかかる事になるので、肉体的・精神的双方のストレスによって引き起こされる疲労と言えます。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 脳疲労(中枢性疲労)
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]

疲労(疲れ)の持つ「非客観性」

「痛み」「発熱」に続く三大アラームの一つ、「疲労」ですが、この疲労については「非常にあやふやなサイン」だと周囲にとられてしまう傾向にあります。


どういう事か?

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 疲労(疲れ)の持つ「非客観性」
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]

具体的にどんな状態になったら「疲労(疲れ)」って言うの?

※前項からの続きです。まだ読まれてない方はコチラを先にお読みください。



「疲労(疲れ)」とは医学的に言うと一体どういう状態を指すのか?

[tip]★疲労(疲れ):「過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と、休養の願望を伴う身体活動能力の減退状態」[/tip]

※日本疲労学会の定義による。 つまるところ、不快感・不具合を感じると同時に、あらゆる活動の活発さが低下してしまう。


さらに、「休養の願望を伴う」と言う記述もございます通り、身体にかかった負荷を緩和するために、深い休息を必要としている状態、となります。

そしてこの「疲労」と言うサインですが、実は「三大生体アラーム」の中で、

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 具体的にどんな状態になったら「疲労(疲れ)」って言うの?
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]

このページの先頭へ