不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座

最新情報

脳疲労について
脳疲労は思考力を低下させ、自律神経系にも不具合を起こしてしまいます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
腹式呼吸でアルファ波を出してリラックスしながらセロトニンを分泌させよう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
噛み噛み咀嚼してセロトニンを分泌させ、ストレスを解消しましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

疲労回復実践会とは?(当サイトのご紹介)

精神的にも肉体的にも、まるで猛毒にやられたかのごときダメージを受け、慢性的な疲労にやられてしまっていて、正直もうクタクタ・・・

このサイトは、そんな不眠やうつ(鬱)をはじめ、ギリギリ限界状態で苦しんいる方向けに、究極の疲労回復方法を伝授していくサイトです。

サイト内にてご紹介している理論を元にご実践いただき、うつ(鬱)や疲労をふっ飛ばし、「元気ハツラツ健康人」となって、人生大逆転していただける事を目標に、当実践会では濃い情報を発信していきます。

疲労回復実践講座(当サイトコンテンツ)目次

下記、当サイトコンテンツのカテゴリー別目次となります。
基本的には上から順にお読み進めいただけるますと、よりご理解いただきやすいです。


疲労(疲れ)とは?

神経伝達物質は、免疫力を高めるために必要なホルモンとしても作用します

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


神経伝達物質はホルモンとしても作用します!


神経伝達物質・・・


これはもはやうつ(鬱)病や自律神経失調症だけの
話しではなくて、人間の生理活動にとって、
絶対的に必要なものとなりますよね。


この神経伝達物質を完全にコントロールできたとすれば、
その効果はかなり高いであろう事は、ご理解いただけるかと
思います。


以前の回でもご説明致しましたが、神経伝達物質は未発見の
ものも含め、100種類程あると言われています。


それぞれがかなり複雑な働きをするわけですが、
実は既にレクチャー致しました、「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」等、うつや自律神経に関連する神経伝達物質は、
なんと「ホルモン」としても作用しちゃうのです!
(化学的特性は実質同じだそうです)


ホルモンはいわゆる「免疫力」の呼称で有名な、
免疫に関わる、生理活性物質(生理機能を調整する物質)
となります。


免疫についての詳細説明は、また別の講座でさせていただければと
思いますが、端的に言いますと、


「人間の身体を防御するための一連のシステムの事」


となります。


ホルモンの分泌は、「脳下垂体」と呼ばれる部位で
コントロールされており、

「成長ホルモン、甲状腺ホルモン、乳腺刺激ホルモン、
副腎皮質ホルモン、性腺刺激ホルモン」

等々、様々な種類のものが日々、分泌されています。

 

免疫の働きが著しく落ちると、命に関わります
(当たり前ですが)ので、非常に重要であり、
その重要な働きを「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」等が、がっつりと担っているわけです。


しかも神経伝達物質としての働きも担いながら
ホルモンとしても働くわけなので、
まさに「スーパーマン」と呼んでも差し支えないでしょう。

 

 

神経伝達物質達を、最高のパフォーマンスで働かせるために・・・


「勇飛さん、ノルアドレナリンやドーパミンはじめ、
セロトニン等々、神経伝達物質が、うつ(鬱)改善のための
重要ポイントなのは、よ~くわかりました。

要するにこれらの物質を、絶妙なバランスで
働かせる事ができれば、悩まされている問題が解決する
と言う事ですね?

ぜひ働かせ方を教えてください!!」

 

 

・・・はい、お待たせしました。

 

長かったですが、今回で基礎的な内容のレクチャーが終わり、
いよいよ本格的にうつ(鬱)病&自律神経失調症を撃退する
ための詳細なレクチャーをさせていただく段階にきました。

 

ここから少々高度な内容となってきますが、
ここまでお読み進めいただけたあなたであれば
大丈夫。


十分に理解を進めていっていただけるかと思います。

 

一通一通見逃さず、ご購読をお願い致します。

 

迷惑メールに振り分けられていないか、
常にご注意くださいね。

 

 

 

※ノルアドレナリンやらセロトニンやら、小難しい理論を
勉強するのが苦手と言う事であれば、いきなり下記方法をお試し
いただく形でも問題ございません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神経伝達物質は、免疫力を高めるために必要なホルモンとしても作用します
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自律神経は、交感神経と副交感神経がバランス良く作用している状態が最も快調です

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


リラックス状態で副交感神経が胃を機能させる


では、胃の働きが優位になるのはどんな時なのか?


当然と言えば当然ですが、


「外敵に脅かされずに、リラックスしている時」


となります。


外敵に脅かされない安全な状況にあるので、
筋肉を無駄に緊張させる必要がなく、すなわち
交感神経にそこまで「全神経を集中」させる必要はないわけです。


で、あるならば胃本来の役割である、「消化」に
神経を集中させても問題ありませんよね?


この時に出番となってくるのが「休息・弛緩」を司る
「副交感神経」となります。

 

先般にも述べました通り、交感神経が自動車で言う活動的な
「アクセル」の役割を果たすのであれば、副交感神経は
活動を弱め、静的な状態に導く「ブレーキ」となります。

 

副交感神経神経優位状態では胃液が多く分泌されるのを始め、
蠕動(せんどう)運動(うねるような運動)や
攪拌(かくはん)運動(かきまぜる運動)等、
消化に必要な胃の機能の働きがMAXとなります。

 

 

副交感神経が過剰に優位になりすぎると・・・?


さて、ここに落とし穴があります。


あなたはもしかして下記のように思っては
いませんか?


「胃の働きを正常に保つためには、とにかく副交感神経を
ひたすら優位にさせまくっておけばいいんだな」


と。

 

いえ、実は違うのです。

 

もしも何らかの原因で、副交感神経があまりにも
度が過ぎて優位になりすぎると、何が起こってしまうかと言うと、
胃液や胃酸を過剰分泌してしまいます。


特に胃酸は強力な酸なので、分泌されすぎると
かなりまずい事態に陥ってしまいます・・・

※胃粘膜がただれ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍と言った
疾患に悩まされたりします。

 

これはもちろん、胃以外にも当てはまる話しで、
あまりにリラックス・弛緩しすぎると、
ホルモン等の体内の分泌物質のバランスが崩れ、
体調を損なったりしてしまいます。

※無駄に長時間惰眠を貪ってしまった際に
感じる気だるさを思い浮かべていただければと思います。


また、いわゆる「アレルギー」ですが、
これも副交感神経が優位すぎてしまう事によって起こる、
過剰防衛反応です。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスがポイント


結局のところ、当たり前の部分ではありますが、
「バランス」です。


自動車を運転する際に、アクセルだけだとぶつかりますし、
ブレーキだけだと一向に動きません。


それと同じで、自律神経に関しても、交感神経と副交感神経が
バランス良く作用している状態が最も快調な状態だと
言えるのです。

 

そして自律神経系の働きが作用する際には、
先般にもレクチャーしました通り、
「ノルアドレナリン」「アセチルコリン」と言った、
「神経伝達物質」が作用物質として働きます。

 


・・・さて、数回に渡り、うつ(鬱)と自律神経失調症の
メカニズムについてご説明してきましたが、


「神経伝達物質」


この重要さをひしひしとご認識いただけたのでは
ないでしょうか。

 

それでは次回以降より、ついにうつ(鬱)及び原因不明の
疲労感を始めとした、各種症状が出てしまう自律神経失調症
改善のための「奥義」をお伝えしていきたく思います。

 

例のごとく、他では絶対に手に入らない、勇飛オリジナルの
「うつ(鬱)改善特別オファー」についても公開させて
いただく予定でございますので、乞うご期待ください!!

 

 


※こちらの方法を使い、最高司令官「視床下部」
(覚えてますか?)を完全コントロールできるようになれば、
あなたは「上がり(勝ち)」となる事でしょう。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経は、交感神経と副交感神経がバランス良く作用している状態が最も快調です
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自律神経失調症のメカニズム~神経伝達物質で標的器官をコントロール~

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自律神経失調症のメカニズムを再度


さて、前回まで数回に渡り、うつ(鬱)の詳しいメカニズムに
ついてご説明させていただきました。


何故ここまで詳しく説明する必要があるのかと言うと、
実はメカニズムの中にこそ、解決策が内包されているからです。

 

従いまして、今回は同じように、「自律神経失調症」につきましても
メカニズムをご説明させていただきます。

 

自律神経失調症に関しましては、先般の

「7日間集中健康WEB講座」

内にて、既に詳細にご説明致しました。


ですので一部重複した内容も入るのですが、
復習がてら、改めてお付き合いいただければと
思います。

 

 

自律神経の構成要素は、「交感神経」と「副交感神経」


自律神経失調症そのものについては、
これまでの本講座内でご説明させていただきましたので、
割愛します。


ですので早速メカニズムについて、下記より復習しましょう。

 

※以下、「7日間集中健康WEB講座~第4回~」より抜粋

————————————————–

「交感神経」は、「興奮や緊張、活動」を司る、
いわば「動」の働きをする神経。


「副交感神経」は、交感神経とは真逆の
「リラックスや精神安定」を司る、
いわば「静」の働きをする神経。

 

交感神経が優位になると心拍数が高くなり、
1分間あたりの呼吸数も多くなり、血圧が上昇します。

逆に副交感神経が優位になると、心拍数は低くなり、
呼吸も一呼吸がゆったり長くなり、血圧降下します。


この「動」と「静」の二つの神経、正常な状態であれば、
クルマの「アクセル」と「ブレーキ」をうまく使い分ける
がごとく、互いに連携して働く事ができます。

————————————————–

 

・・・はい、久方ぶりですが、思い出しましたか?

 

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」で成り立っており、
クルマの「アクセル」と「ブレーキ」のごとく、
2つの神経がうまくバランスを取りながら働いている状態が
正常なのですね。


しかし、何らかの原因によって、このバランス(均衡)が
著しく崩れ去ると、自律神経の働きが機能低下を起こし、
自律神経失調症となってしまうわけです。

 

ではどのようにして自律神経失調症が発症してしまうのか、
さらに詳しく見ていきましょう。

 

自律神経は、脳や脊髄の中枢部分から、体全体に
張り巡らされています。


そして皮膚や内蔵等の「標的器官」と呼ばれる部位に
到達し、それら器官の働きを調整しています。
(このあたりは細かすぎる話しですので、
読み流していただいてけっこうです)

 


ではこの標的器官の働きは、どのようにコントロールされているのか?

 

はい、ここからが超重要なポイント。

 

じ・つ・は・・・

 

これもうつ(鬱)の場合と同じく、

「神経伝達物質」

が絡んでいるのです!!

 


神経伝達物質、半端ないですね(汗)

 


次回詳説します!!

 


※自律神経と神経伝達物質、この2つのワードが
絡むと言う事は、当然こちらの健康法に注目せざるを
得ないはずです!!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経失調症のメカニズム~神経伝達物質で標的器官をコントロール~
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

「セロトニン」や「ノルアドレナリン」等の神経伝達物質とうつ(鬱)の関係性

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


神経伝達物質は「セロトニン」や「ノルアドレナリン」等色々あります!


うつ(鬱)の正体はぶっちゃけ何なのか!?

 

うつが発生している状態とは、一体全体どういう状態なのか?

 

ズバリ言いますと、

 

「神経伝達物質の分泌量が減る、あるいは増えすぎる、
また、神経細胞間での受け渡しに不具合が発する等の、
何らかの異常が発生している状態」

 

となります。


ざっくりと「神経伝達物質の異常・不具合」と言う風に
ご認識いただいても大丈夫です。

 

・・・この説明はどうでしょう?


言われてみれば、「なるほど」と納得できる説明なのでは
ないでしょうか?

 

神経伝達物質はすべからく、「情報」のやりとりを
統御しているわけで、それに何らかの異常が生じれば、
精神的不具合に苛まれてしまうと言うロジック(論理)は、
容易に受け入れられるものだと思います。

 

では、その肝心の神経伝達物質そのものについての
詳細説明を。

 

神経伝達物質は実は全部で100種類以上存在し、
しかもそのうちの全てが発見されておらず、
まだまだ発見されいないものが多いそうです。

 

神経伝達物質はそれぞれ、人間の諸々の感情を
コントロールする役割を担っており、
うつ(鬱)に関しては、特に気分や思考、意欲などを
担当する「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の
働きが関係しています。

ウィキペディアからの引用)
※セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、
ヒスタミン、ドーパミンを総称して、
「モノアミン神経伝達物質」と呼ぶ。

 

・・・さて、上記単語の中で、いくつかは、
どこかで見たり聞いたりした事がおありかもしれません。


特に「ノルアドレナリン」は有名で、


「アドレナリンがいっぱい出てる」
「アドレナリンが上昇した」


と言うように表現される事があります。

 

ノルアドレナリンは興奮した際に分泌される神経伝達物質なので
(意欲に関連する)、そういう表現がされるのですね。


※ちなみにまるっきりの余談ですが、面白いページを
見つけました。
悩まれている方は(笑)ぜひご参考ください。

★興奮すれば間食しない!?アドレナリンのダイエット効果とは?
http://slism.jp/communication/column-0099.html

 

 

脳の血流と代謝は、ストレスと運動不足が関連しています。


うつ(鬱)症状の原因は、神経伝達物質以外にもございます。


言語、運動、理性を司っている、脳の前頭葉という部分を
中心に、「血流」や「代謝」の低下が見られています。


ただ、これはうつが原因で低下したのか、低下したから
うつ症状が出たのかは、なかなかわかりにくいところでは
ありますが、脳の血流が低下すると、当然その部分の
脳機能は衰えますので、影響が出る事は間違いありません。


ちなみに、脳に限らず血流の良し悪しについては、
「ストレス」や「運動不足」等の生活習慣の乱れが
密接に関連しております。


こちらにつきましてはまた詳述致します。

 

 

※また次回以降ご説明致しますが、下記方法を毎日
コツコツ実践すると、最強の神経伝達物質、

「セロトニン」

を分泌させまくる事ができるのです・・・


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「セロトニン」や「ノルアドレナリン」等の神経伝達物質とうつ(鬱)の関係性
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

うつ(鬱)の発生メカニズム~電気信号と神経細胞~

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


うつ(鬱)や自律神経失調症は果たして改善できるのか!?

 

デリケートな問題であり、順に一つ一つ丁寧にご説明していきますので、
じっくりとお付き合いください。

 

うつ(鬱)起こってしまう詳しい仕組み~脳の電気信号~


まずはここからご説明致します。

 

ズバリ、うつ(鬱)が発症してしまっている時の、
「脳の状態」はどうなっているのでしょうか?

 

実は「脳内」に張り巡らされている、神経細胞の
情報伝達を司っている部分に、何らかの異常が見られるのです。

 

詳しい専門用語で説明しだしてもわかりにくいだけかと
思いますので、できるだけ平易にご説明させて
いただきますと、脳内には「ニューロン」と呼ばれる
神経ネットワークが張り巡らされています。

そのネットワーク間に電気信号が行き交う事によって、
電気信号を通して、様々な情報をやりとりよう脳は
機能しているのですが、ここに不具合が生じると、
脳の働きにダイレクトに影響してきてしまうのです。

 

 

シナプスと神経伝達物質

さらに詳しくご説明すると、神経細胞には「木の枝」状に
伸びた突起が見られ、神経細胞同士の間には「シナプス」と
呼ばれる繋ぎ目があります。

※ここを詳細に説明すると、図説等必要になってきますので、
さらなる深い興味がございましたら検索してみてください。

シナプスは「繋ぎ目」であるとご説明致しましたが、
実は完全に密着しているわけではなく、
少し空間が空いてます。

 

はい、ここからがものすごい重要ポイント。

 

神経細胞A側からシナプスに到達した電気信号は、
そのままダイレクトに神経細胞B側に到達するわけではなく、
「とある物質」を媒介にして到達します。

 

その物質の名は・・・

 

「神経伝達物質」と言います。

 

上記神経細胞A・Bのケースでご説明致しますと、
下記のようになります。


1、他所から電気信号が神経細胞Aに送信されてくる。

2、その送信量に応じてシナプスの「隙間」に、
「神経伝達物質」が分泌される。
分泌された神経伝達物質は電気信号から受け取った
「情報」を保持する。
※電気信号が実質的に神経伝達物質へチェンジしたと考えて
いただいても可。

3、分泌された神経伝達物質が、シナプスの隙間を通り、
神経細胞Bに到達。
情報の受け渡し完了。


★ポイント:
電気信号の情報量に応じて適切に神経伝達物質が
分泌され、無事B側に受け渡されるかどうかが
大きなポイント。

★下記ページに非常にわかりやすく説明されているので
ご参照ください。

http://www.jst.go.jp/pr/info/info341/zu1.html

 

 

うつ(鬱)の正体


上記踏まえまして、ではうつ(鬱)の正体は
一体全体何かのか?

 

次回、注目です!!!

 

 

※なお、うつの正体を知らなくても、下記最強のメソッドを
実行すれば、遥か彼方へすっ飛ばす事ができるやも
しれません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)の発生メカニズム~電気信号と神経細胞~
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ