不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座

最新情報

脳疲労について
脳疲労は思考力を低下させ、自律神経系にも不具合を起こしてしまいます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
腹式呼吸でアルファ波を出してリラックスしながらセロトニンを分泌させよう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
噛み噛み咀嚼してセロトニンを分泌させ、ストレスを解消しましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

疲労回復実践会とは?(当サイトのご紹介)

精神的にも肉体的にも、まるで猛毒にやられたかのごときダメージを受け、慢性的な疲労にやられてしまっていて、正直もうクタクタ・・・

このサイトは、そんな不眠やうつ(鬱)をはじめ、ギリギリ限界状態で苦しんいる方向けに、究極の疲労回復方法を伝授していくサイトです。

サイト内にてご紹介している理論を元にご実践いただき、うつ(鬱)や疲労をふっ飛ばし、「元気ハツラツ健康人」となって、人生大逆転していただける事を目標に、当実践会では濃い情報を発信していきます。

疲労回復実践講座(当サイトコンテンツ)目次

下記、当サイトコンテンツのカテゴリー別目次となります。
基本的には上から順にお読み進めいただけるますと、よりご理解いただきやすいです。


疲労(疲れ)とは?

自殺の兆候(塞ぎ込み、感情の起伏)や自傷行為について


【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


まさかあの人が自殺・・・


「まさかあの人が自殺するなんて・・・」

「昨日まで明るく挨拶してくれていたのに・・・」

「楽しそうな感じだったんだけどなぁ・・・」


上記、自殺した方の周辺にインタビューした際に、
よく返ってくる反応です。


確かに、実際にまったく普段通りで、自殺をにおわす
兆候はまったくなく・・・と言ったケースはありえるかと
思います。


が、目を凝らしてよく観察していれば、
「それなりの兆候」を認められるケースは
非常に多いかと思います。


もしもあなたの身近な人で、

「何かやばそうだな」

と感じる方がいらっしゃるようであれば、
何気ない日常の仕草や振る舞い等にご注意いただければと
思います。

 

 

自殺の兆候具体例


下記、一般的に自殺の兆候と呼ばれるものを
列挙しました。


★塞ぎ込み
・突然塞ぎこむようになった。
・塞ぎこむ時間が多くなったように思う。
・遊びに誘っても頑なに拒否する。
・話しかけても焦点の合わない目でぼうっと
虚空を見つめるだけで、反応がない。
・会話していても、自分の世界に浸っているような感じで、
良好なコミュニケーションを取り辛い。


★感情の起伏
・突然怒りだしたと思ったら、次の瞬間は落ち込んでしまい、
部屋から出て来ない。
・異常に(常識の範囲を超えて)涙モロくなった。
・些細な事に落ち込んだり気にし過ぎたり、
非常に不安定になっている。
・話し合いをするも、まったく


★注意欠陥度合い
・普段なら絶対に忘れないような仕事道具を
職場に持ってくるのを忘れる。
・財布等の貴重品を忘れてしまうも、特に執着する様子も
なく、投げやりな反応。(通常はありえない)
・仕事で、いつもは絶対に間違えないような事を間違えて
しまい、しかもその間違いに対して特に悪びれる様子もない。


★飲酒量、喫煙量の急増


★買い物等、異常な散財。


★異常な程の身辺整理

 

・・・上記兆候が少しでも見られた場合、
些細な事として見過ごさず、話しを聞いてあげるなり、
場合によって医療期間の受診を勧めるなりしましょう。

 

と言うのも、一見些細な事に見える出来事が
きっかけに、自殺を実行してしまう場合があるからです。

例)些細な行き違い等から激しく感情的に、一方的に、
話し相手を罵った後、自分の部屋にこもり、出て来ないなと
思ったら・・・等々。

 

 

自傷行為につきまして


リストカットを始めとした、いわゆる「自傷行為」につきまして
ですが、一番気をつけなければいけない兆候です。

よく、

「自傷行為をする状態であればまだ大丈夫だ。
何故なら本当に死ぬ気であれば、とっくに(自殺)を
実行しているから。
(つまり自傷行為は死なない程度に冷静に計算して
自身を傷つけている)」


と言うような論調を見受けます。


しかしながらこれは大間違いで、自傷行為は大変危険です。


確かに、初期では重篤なダメージを(身体が)受けない程度に
傷つけるようコントロールできているかもしれませんが、
それがどんどんエスカレートしていき、自殺未遂を経て、
最終的には自殺が成功してしまうところまでいってしまいます。

 

自殺については、以上となります。


とにかく早期発見、早期対処が、自殺防止の鍵となって
参りますので、ぜひとも気をつけてくださいね。

 

なお、今回お話しした事は、他人のみならず、
あなた自身にも当てはまる話しです。

 

自分自身を振り返り、兆候に当てはまってないかどうか、
くれぐれもご注意ください。

 


※ちなみにもしも兆候に当てはまっていた場合は、
どこかに相談すると同時に、下記方法で神経の昂ぶりを
収めてください。
地道毎日続けていくと、予想以上に状況が改善される
可能性もあるかと思います。

http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自殺の兆候(塞ぎ込み、感情の起伏)や自傷行為について
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自殺は気分の落ち込みによって誰にでも起こりうる!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自殺を実行してしまう精神状態について


さて、以前の回でご説明致しました、

「自殺は抑うつ状態で起こるのか、
正式なうつ病と診断された状態で起こるのか」

ですが、これまでの説明をもう一度振り返って
いただければお分かりになられるかと思います。


結論から申し上げますと、自殺と言うのは、


「正式なうつ病のみならず、抑うつ状態でも起こり得ます」


抑うつ状態は以前の回で、「人間が落ち込んでいる状態である」
とご説明させていただきました。


この「落ち込み」ですが、実はあなたもご存知のように、
非常に波の上下があります。


つまり抑うつ状態の強さと言うのは日々変わっており
(これはうつ病でもですが)、うつ(鬱)の波が強い日は、
それはそれは極めてネガティブな精神状態にあるわけです。


この状態で何かがきっかけとなり、突発的な衝動にかられ・・・


と言う事は十二分にあり得るわけですね。

 

 

自殺は誰にでも起こりうる!!


さて、と言う事は、ですが、ここで衝撃的な事実が
判明してしまいました。


その事実ですが、ズバリ、


「正式にうつ(鬱)病と診断されていなくても、
気分の落ち込みだけで、十分に自殺を実行して
しまう動機となってしまう」


と言う事なのです。


そして「気分の落ち込み(抑うつ状態)」について考えて
いただきたいのですが、これはあなたでも、
隣の◯◯さんでも、職場の◯◯さんでも、
はたまた日本国総理大臣であっても、
人間である限り、誰にでも絶対に起こる事なのです。


抑うつ(鬱)状態、つまり気分の落ち込みは
誰にでも起こる事として、本人や周りが軽視した結果、
自ら命を断ってしまう、
と言う最悪の事態が発生してしまうのです。

 

 

サイン(兆候)を見逃さない


想像以上に重大な影響を及ぼしてしまう
「気分の落ち込み」ですが、重要になってくるのが、

「自殺の兆候の発見」

です。


兆候とは、物事が起こる前触れ、や「兆し」「前兆」
の事であり、これを的確に発見できさえすれば、
自殺を防げる確率が格段に上がります。

 

では自殺の兆候は具体的に何なのか、
どうやって見つけるのか、
につきましては、次回レクチャー致します。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自殺は気分の落ち込みによって誰にでも起こりうる!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

外因性うつ(鬱)、心因性うつ(鬱)、内因性うつ(鬱)とは?

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


うつ(鬱)病の分類


うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態に陥ってしまうに至る
原因は下記3つに分類されます。


★外因性うつ(身体因性うつ)

★心因性うつ(性格環境因性うつ)

★内因性うつ


それぞれ解説します。


★外因性うつ(身体因性うつ)

アルツハイマーや脳血栓等の脳の病気、機能低下、リンパ系の不具合等々、
通常の身体的疾患、また、ステロイド等の薬剤が
うつ(鬱)状態の原因となっている場合を指します。

交通事故での外傷によって脳に傷ができたり揺さぶられたり、
と言った理由が多いですね。
※勇飛の学生時代の同級生で、交通事故が原因で気分の落ち込みが
定期的に襲ってくる子がいまして、調子が悪い時は1日中布団から
出れない、とお母様から聞きました。
激しい頭痛を伴う気分の落ち込みが襲ってくるそうですが、
見ていて非常に辛そうでした・・・


★心因性うつ(性格環境因性うつ)

心理的な衝撃を受けるような出来事等の環境変化や、
悩みや不安が元に引き起こってしまう鬱です。

もちろん、衝撃を受ける出来事が起こったからと言って
誰でもうつ(鬱)になるわけではなく、
元々うつ(鬱)になりやすい気質が関係する事が多いです。

従って、これはあくまで「きっかけの一つ」となります。


★内因性うつ

遺伝や体質等によって引き起こされるうつ(鬱)です。

主に体内分泌物の変化によって引き起こされます。

上記心因性うつ(鬱)との違いを説明すると、
特に心理的衝撃によって引き起こされるものではないと
言う性質のものです。

しかしながらまだまだ解明されていない部分があり、
心因性的要素も含んだ内因性うつ(鬱)も存在するようです。

 

 

うつ(鬱)の自覚症状


いずれの原因の鬱であれ、


・気分が落ち込む。(わけもなく絶望感にかられる)
・食欲がなくなる。
・無感情状態になる。(ものを食べてもおいしいと感じられなかったり、
仲の良い友達と遊んでも、楽しめない。
あんなに好きだったTV番組を見ても全然笑えない)
・睡眠が浅い、寝付けない。
・疲労感がずっしりと身体に押しかかる。


等々の様々な不具合が、一定期間続くようであれば、
状況を軽視せずに、医療を受診される事をお勧め致します。


次回に続きます。

 

※なお、特に

・睡眠が浅い、寝付けない。
・疲労感がずっしりと身体に押しかかる。

と言うような症状に悩まれているのであれば、
下記方法を実行すると、状況が改善するやもしれません。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 外因性うつ(鬱)、心因性うつ(鬱)、内因性うつ(鬱)とは?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

うつ(鬱)病と抑うつ(鬱)状態の違いをマスターしておきましょう!!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


うつ(鬱)病とうつ(鬱)状態とは?


さて、自殺について、長々と解説してきましたが、
そもそも、自殺と言うのは、「うつ(鬱)病」になってから
実行してしまうのか、それともうつ(鬱)状態でも
起こり得るのか、
と言う部分が気になる事かと思います。


お答えする前に、そもそもうつ(鬱)病とうつ(鬱)状態の違い
につきまして、解説致しましょう。


結論から言うと、これは

「医者に正確にそう診断されたかどうか」

の違いとなります。


単純なようですが、医療機関を受診し、

「あなたはうつ(鬱)病です」

と確定的に診断されるとうつ(鬱)病となります。


では、「うつ(鬱)状態」とは何か、ですが、
悲観的になって気分が落ち込み気力がなくなり、
集中力や記憶力が落ち・・・

と言った、

「症状に苛まれる状態」

を指します。


では上記状態イコール必ずうつ(鬱)病であるのかどうかと
言う話しになるのですが、実はそうとは限りません。

悲観的になって気分が落ち込み気力がなくなり、
集中力や記憶力が落ち・・・ているからと言って、
「うつ(鬱)病である」と診断されるとは限らないのです。

 

 

抑うつ状態

さて、何故診断されるとは限らないのか、ですが、
少し考えてみてください。


例えばあなたの身が、人間関係や仕事、勉強等々で
何か困難な事態に直面させられるような事になったとします。


こんな時は当然悲観的になって気分が落ち込み気力がなくなり、
食欲までもなくなるかもしれません。


この時は紛れも無く「うつ(鬱)状態」に陥ってしまっているわけですね。


しかし、これらはあくまで「一時的」なものであり、
時間の長短はあれど、やがては「回復」するはずです。


つまり、日々泣いたり笑ったり怒ったりして人生を過ごして
いっている通常の人間にとっては、

「ごく正常な反応」

となるわけです。

 

上記状態のような、「うつの状態にある事」を、


「抑うつ(鬱)状態」


と言います。

 

 

抑うつ(鬱)状態からうつ(鬱)病へ・・・


塞ぎこんでしまう抑うつ(鬱)状態。


あくまで「状態」なので、疾病ではなく、
人間の正常な反応として当たり前の事である。


しかしこの状態が収まるどころかどんどん進行していき、
状況は転落の一途を辿るばかり、となってしまいますと、
また話は変わってきます。


こうなると、日常生活を送っていくに際して著しく
不具合が発生してしまいますので、医療機関の受診をお勧めしますが、
その際に医師が、「うつ(鬱)病である」と診断する時が、


「うつ(鬱)状態からうつ(鬱)病になった時」


となります。


ものすごく端的に言いますと、


「長期間うつ(鬱)状態が続く」


と、「うつ(鬱)病」となる、と言ってもいいかもしれません。


しかしながら、うつ(鬱)病の診断には、最近ですと
脳波や分泌物質で検査する等、より細かな根拠に基づく事が可能と
なってきておりますので、
抑うつ状態が長く続いたからと言って、単純にうつ病であるとは
断じれなくなってきております。


今回はここまでとなります。


次回は、うつ(鬱)病・うつ(鬱)状態に陥ってしまうに至る
原因をレクチャー致します。

 


※抑うつ状態の時は無理のない範囲で気分転換を
するのが有効です。
さらに自律神経そのものに働きかける事ができれば、
抑うつ状態を撃退できる確率が高まります!!


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)病と抑うつ(鬱)状態の違いをマスターしておきましょう!!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

うつ(鬱)が元となって、希死念慮が発生してしまいます

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


自殺の原因の真の黒幕はうつ(鬱)です

米国精神医学会が策定したうつ(鬱)の診断基準の
一つに、

「繰り返し死を考えてしまう」

と言う項目があります。


そしてWHO(世界保健機関)が精神疾患と自殺との関係について
調査した結果、精神疾患が原因で自殺した人のうち

「約3割がうつ病に該当したという」

結果が報告されています。


前回の講座でもご説明致しました通り、
やはり、

「精神的理由、心の問題」

が根強く絡んでいる、と言う話しですね。


ぶっちゃけた話し、うつ(鬱)病の症状の一つに
「希死念慮」がある、と言っても過言ではありません。

※希死念慮=死を激しく望んでしまう気持ち

 

 

うつ(鬱)の方が発するサインを見逃さない


自殺につながるうつ(鬱)ですが、当事者は様々なサインを
発しています。


具体的には下記のような段階に分かれます。


★軽度

「朝起きたら全部なくなってたらいいのに」
「ふと消えてしまいたくなる」
「突然の事故で死んでしまったら、全てリセットできるんだろうな・・・」

⇒日常生活の合間にふと、以上のような言葉をつぶやいてしまう、
あるいは頭によぎってしまう。
何気なく呟いたものであったとしても、後に悪化する可能性があり、
放置しておくのは危険です。
もしも親しい人が呟いているのを気づいたら、
注意して話を聞いてあげてください。


★中度

「完全自殺マニュアル(書籍)を購入してみた」
「このマンション、3階からだと死ねないけど、
5階からだといけそうだな」
「◯号線は交通量が多い。ちょっと飛び出しただけで、
簡単に車にぶつかる・・・」
「(ホームセンターにて)このロープ、頑丈そうだな・・・
これを手すりにくくりつけ、そして・・・」

⇒軽度の時はあくまで「頭によぎるだけ」だったのが、
具体的な手段を思い浮かべるまでに至ってしまう状態。

ここまで来ると重症なので、医療機関等に相談した方が良い。
周りの人が気づいた場合、本人が受診を拒んでも、
医者やケースワーカーさん等に、相談だけ入れておいた方が
いいと思います。


★重度

上記、軽度、中度の段階を経て、重度となった場合、
当然ながら「実行」に移します。

ただし、本当に命を失うレベルの行為を実行するわけではなく、
いわゆる「自殺未遂」と呼ばれる行為です。

死なないレベルギリギリで実行するわけですが、
とは言え、目論見が外れ、命を失ってしまうケースがあります。

場合によっては措置入院等が必要なレベルとなります。


また、もう一つ怖い症状として、

「から元気や平静を装う」

と言う症状があります。

「まさかあの人が自殺するとは思わなかった。
そんな素振りは一切なかった」

これは大変多い、よくある話しです。

何故こうなってしまうのか、理由は様々だと思いますが、
「真の絶望」を感じてしまっており、もうこの世に未練がなくなって
いるから、と言う可能性が濃厚です。


また、もうハッキリと死を決意して、後は実行に移すだけと
なってしまっており、実行を他人に邪魔されないために、
平静を装ってる、と言う面もあるかと思います。


こうなってしまうと、ほんとにもう「ある日突然」は避けられなく
なってきますので、その前になんとか食い止めたいところです。

 


※自殺を考える時は、当然精神的に不安定になってしまって
おります。
そんな時は、「深い呼吸」を実施する事によって、
精神を安定させると「突発的な行動」を避ける事ができます。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - うつ(鬱)が元となって、希死念慮が発生してしまいます
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ