不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座

最新情報

脳疲労について
脳疲労は思考力を低下させ、自律神経系にも不具合を起こしてしまいます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
腹式呼吸でアルファ波を出してリラックスしながらセロトニンを分泌させよう!
【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善
噛み噛み咀嚼してセロトニンを分泌させ、ストレスを解消しましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

疲労回復実践会とは?(当サイトのご紹介)

精神的にも肉体的にも、まるで猛毒にやられたかのごときダメージを受け、慢性的な疲労にやられてしまっていて、正直もうクタクタ・・・

このサイトは、そんな不眠やうつ(鬱)をはじめ、ギリギリ限界状態で苦しんいる方向けに、究極の疲労回復方法を伝授していくサイトです。

サイト内にてご紹介している理論を元にご実践いただき、うつ(鬱)や疲労をふっ飛ばし、「元気ハツラツ健康人」となって、人生大逆転していただける事を目標に、当実践会では濃い情報を発信していきます。

疲労回復実践講座(当サイトコンテンツ)目次

下記、当サイトコンテンツのカテゴリー別目次となります。
基本的には上から順にお読み進めいただけるますと、よりご理解いただきやすいです。


疲労(疲れ)とは?

脳疲労は思考力を低下させ、自律神経系にも不具合を起こしてしまいます

脳疲労とは


年を経るごとにますます発展し、豊かになっていく現代社会。

そしてこの社会を支えているのは、極めて複雑化したテクノロジーや各種システムとなってくるわけですが、それらは人々の「労働」によって賄われています。

その労働内容を鑑みるに、これまた年々複雑化・高度化してきており、労働者にかかる身体的・精神的ストレスは多大なものとなってきております。

こういった高度化した労働は、知能を多く使う「知的労働」と呼ばれますが、知的労働は当然のごとく、脳を酷使してしまいます。

脳は、神経細胞によって構成されている、日々目や耳から取り入れた情報を処理している器官であり、基本的に起きている間中は非常に活発に働き続けます。

具体的には、情報の整理整頓や、言動に反映させるために「記憶」の領域(データベース)から状況に則した情報(記憶)を取り出したり等々、その働きのバリエーションは本当に多岐に渡ります。

そして当たり前ですが、集中して知的労働を実施するとなると、上記働きが非常に活発なものとなります。

活発であることは、業務の効率や質が高まるのでけっこうなことではあるのですが、しかしながらそれが過剰になってはいけません。

過剰な脳活動の結果、神経回路の負荷が増大し、いわゆるオーバーヒートが起こってしまいがちになるからです。

オーバーヒート状態は脳の思考回路の働き等を低下させるので、いわゆる「意欲低下」が起こってしまって適切なタイミングで適切な判断を下せなくなったり、判断自体を誤ったりしてしまいます。

また、脳は精神のみならず、身体の隅々まで指令を出す司令塔の働きを担っているので、いわゆる「倦怠感」をはじめとした、自律神経系の不具合に関わる身体的不具合も発生してしまいます。

PCで考えるとわかりやすいのですが、そのPCに備わっている性能を超える計算処理が行われた場合、負荷がかかってフリーズしたり電源が落ちたりしてしまいますよね?

それと全く同じことが脳にも当てはまり、つまるところ脳に過剰に負荷がかかり、精神的・身体的疲労が発生してしまう現象を、「脳疲労」と呼ぶのです。

先ほども述べた通り、脳が疲労してしまうと思考力の低下のみならず、身体的にも倦怠感を感じることになってしまうケースが多いので、決して放置してはいけないのです。


ではどうすればいいのか?
こちらの疲労回復法を実践することで、脳に蓄積された疲労を少しずつでもクリアしていくしかありません。
http://www.ikibr.com/7d3shirou.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 脳疲労は思考力を低下させ、自律神経系にも不具合を起こしてしまいます
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます


こんにちは。

勇飛です。


一つご質問なのですが、あなたは幼少時に「痛いの痛いの飛んでけ~!」の
おまじないを
されたことはおありですか?

※痛いの痛いの飛んでけ~!のおまじない=
打ち身等の患部をさすってもらう行為。@


おそらくご両親あたりにしてもらったことがあるかと思います。


そしてある程度成長すれば、ご両親にやってもらうのではなく、
自分でやりますよね。


たとえばお腹が痛くなった時にお腹をさすったり等々。


で、この「さする(触れる)」という行為ですが、
一見ただの迷信や気休め程度の行為に見えるのですが、
どうでしょうか?


「あれ?」って感じで本当に痛みが和らいだりと、
意外と効果があったりすることが多いですよね。

 

実はこれ、迷信の類ではありません。


理由は下記二つあります。


①神経信号に影響を与える。
②神経伝達物質の分泌


まず①ですが、痛みというのは当然ながら、「神経信号」な
わけです。

つまり、「痛みの信号」が発せられるのですが、
さすると、その信号を緩和することができるそうです。


次に②ですが、触れることそのもの自体が、
神経伝達物質を分泌させます。


これが先日最終回にてレクチャーしました、

「オキシトシン」

という神経伝達物質です。


オキシトシンの詳細についての説明はもう
しましたので省きますが、

「心の安定や安らぎに関する働き」

を持っているため、それが痛みにも
作用するわけです。


肉体的な痛みのみならず、血圧を下げたり、
精神的ストレスも緩和したりと、
いいことづくめです。


そしておもしろいのが、オキシトシンは、

・触れる
・触れられる

両方で発動すると言う部分です。


今までご説明してきた、怪我の時に患部をさする行為は、
「触れられる」に
カテゴライズされますが、
逆に、たとえば「愛犬を触る」等の行為でも、
ものすごく分泌されるそうです。


ですので、お互いに触り合う愛情のこもったスキンシップは、
「最強」と言えるのです。

 

 

タッチングヘルス実践法を使えば、一人二役のスキンシップが可能です!!


さて、この「最強のスキンシップ」ですが、
実行できるのは、既婚者や恋人がいる人限定と
なってしまいますよね(苦笑)

 

しかしご安心あれ!!

 

特別特典、「タッチングヘルス実践法」を実践すれば、
「最強のスキンシップ」の実行が、自分一人だけで
可能となります。


・触れる
・触れられる


をしっかりと自分だけ実行することができ、
高い効果を得ることができます。

※触り方や触る速度、触る部位の順番等、
レポート内で詳細にレクチャーしております。


特に「うつ(鬱)」を吹っ飛ばし、気分爽快になりたいので
あれば、効果テキメンです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オキシトシンを分泌させるには、「触れる(タッチング)」ことが一番で、血圧やストレスが緩和されます
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


リズム運動は継続的に!


それではもう一点の重要なポイントを
レクチャーします。


リズム運動は、「毎日時間を割いて継続的」に
行っていきましょう。


前回ご説明した通り、2~30分をオーバーすると、
分泌効果が大幅に落ちるので、例えば一日で8時間くらい運動して、
一週間分のセロトニンを分泌させる、みたいな
芸当はできないのですね。

※筋力トレーニングと同じで、仮に腕立て伏せを一日だけ
1,000回やったところで、いきなり筋肉はつきませんよね?
(ただ単に疲労するだけです)


ですので毎日2~30分間、コツコツと継続して
いただきたいのです。

 

またこの継続していくに関してはもう1つ、

「セロトニンを分泌しやすい体質」

に変化すると言うメリットがあります。


毎日毎日、セロトニンを多めに分泌させるための、
分泌しやすくなる「クセ」のようなものがつくそうで。

 

ちなみに高いレベルに到達しているお坊さん達は、
日々の修行の結果、セロトニンが分泌されやすい態勢に
なっているそうですね。


怒りをはじめとした「感情のざわつき」を、
瞬時に収めるような芸当ができるのも、
それが原因なのかもしれません。


※なお、寺に入りたての坊主見習いの頃には、
掃除やその他雑務をしこたまやることになりますが、
それらは全て「リズム運動」です。
修行のプログラムメニューして、必要不可欠なのでしょうね。


お釈迦様は「呼吸法(腹式呼吸を実施する際の技法)」を
重視されましたが、セロトニンのこと・存在を
看破されたのだと思います。

 

 

できる事から手をつけていく


以上、セロトニンを多く分泌させるためのコツを
複数レクチャーさせていただきました。


「心の持ち方・考え方」と「リズム運動」が、
うつ(鬱)やストレスを改善するための大きな
ポイントとなりますが、しかしながら、


「これをやれば絶対に100%改善できる!!」


と言う方法は、残念ながらございません。


当然人間は一人一人「個性」というものを備えており、
また、置かれている環境も千差万別、
個々人によってまったく異なります。


従って、万人に当てはまる絶対的改善方法は
存在し得ず、結局のところ1つ1つ地道に各実践方法を
試していくしかありません。


しかしながら、いわゆる「根詰める」ような、
鬼気迫るニュアンスで追い詰められたように
(実際に追い詰められているでしょうが)実践すると、
残念ながら失敗してしまう確率が高くなってしまいます。


しっかりと実践はするが、あまり根詰めずに、
気楽に試してみると、案外とうまくいったりするのです。

 

 

実は最強に近い方法がある・・・?


しかしながら、
これまでレクチャーした手法の中で、
100%絶対とまでは言わないとしても、


「正しい方法で地道に実践しさえすれば、
かなりの改善効果を見込める方法」


が1つだけ存在します。


しかもまったく難しい話しではなく、
老若男女、誰にでも簡単に実践可能です。

 

次回、お楽しみに!!




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お釈迦様の呼吸法等のリズム運動を継続し、セロトニン分泌体質になろう!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

腹式呼吸でアルファ波を出してリラックスしながらセロトニンを分泌させよう!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


呼吸もリズム運動に分類されます!


ではいよいよ最後の項目、「呼吸」のご紹介です。


さて、以前の講座でもご紹介させていただきました
「呼吸」ですが、

「え?呼吸って運動なの?」

と思われたかもしれません。


はい、この「呼吸」も立派な運動の1つです。

肺や横隔膜を実際に動かしていますからね。


そしてリズム運動に分類されるのです。

 

ただし、通常無意識にしている呼吸ではダメです。

 

無意識にしている呼吸では、そのペースや深さが
ばらばらなので、一定のリズムを保った運動、
とまでは至らないのです。


ですので、無意識呼吸ではなく、「意識した呼吸」を
行う必要があります。


呼吸は通常、無意識に「オート(自動)」で行っていますが、
ある程度意識して(手動)コントロールする事もできます。


つまり、「セミオート(半自動)」での実施が可能、
ということなのですね。


こちらの件、詳しくは勇飛の運営サイトでご説明して
おりますので、ご一読ください。

http://www.ikibr.com/fukusikikokyu/kenkoumaga02/

 

 

腹式呼吸呼吸でアルファ波を発現し、セロトニンを分泌させまくろう!


では、「意識的呼吸」とは一体どういうものなのか?


具体的に言うと、胸でする「胸式呼吸」ではなく、
お腹でする「腹式呼吸」となります。


意識して腹式呼吸を行うと、なんとわずか5分程度で
セロトニン(を分泌する)神経系の活動が
活発化し始めます。

その際、脳の波長(脳波)は、いわゆる「アルファ波」と
呼ばれる、リラックス状態の時に計測される脳波と
なっております。
(普段、活動している時の脳波はベータ波と呼ばれる
脳波です)

このアルファ波の発現、10~15分程度でピークを
迎えるのですが、セロトニンの多量分泌自体は、
30分程度続きます。


具体的なやり方につきましては、以前あなたが
受講された健康講座にて、無料レポートプレゼント
させていただいております。


今手元にない、ということであれば、特別に今回だけ
ダウンロード先ページURLをお教えしますので、
再度ご入手くださいませ。


~勇飛式健康法レポート第3弾!!~
【努力・訓練一切必要なしに、自動的に腹式呼吸が
できるようになる方法】


http://www.ikibr.com/autofukushiki.html

 


なお、この腹式呼吸を実施すると、脳のすみずみにまで
酸素が行き渡ってスッキリ爽快気分を味わえる上、
集中力も鍛えられたりと、いい事づくしですね。

 

 

リズム運動の実施時間


以上、「3つのリズム運動」についてご紹介して
きましたが、いかがでしたでしょうか?


最後に、運動を実施する際に注意すべきポイントを
2つお伝えして、
レクチャーの締めくくりとさせていただきます。


まず1つめ。


これらリズム運動ですが、運動開始後、セロトニン分泌量が
どんどん増えていき、2~30分程度でピークに達し、
その後減少していきます。


ですので、上記時間以上に運動しても、分泌効果はあまり
望めない上に、逆に運動過剰による疲労が蓄積してしまい、
好ましくありません。


発奮してついつい運動をやり過ぎてしまう事も
あるかと思いますが、ほどほどに抑えていただければと
思います。

 

リズム運動は一回につき2~30分程度に抑え、
また、激しい運動(無酸素運動)は避け、
有酸素運動をはじめとした、疲労や苦痛の蓄積
しにくい運動を、自分が「心地よさを感じるペース」で
実施しましょう。

 


そしてポイントの2つ目ですが、
こちらは次回レクチャーします。

 

 


※呼吸を整えながら運動すると、その効果が増します。


http://www.ikibr.com/7d3shirou.html




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 腹式呼吸でアルファ波を出してリラックスしながらセロトニンを分泌させよう!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

噛み噛み咀嚼してセロトニンを分泌させ、ストレスを解消しましょう!

【勇飛健康講座】うつ(鬱)とストレス改善


ガムを噛むとものすごいストレス解消になる?


次に「咀嚼」につきまして。

咀嚼とはアゴの筋肉をリズミカルに収縮・弛緩させる
行為で、いわゆる「噛む」事でございます。

「ガムを噛む」と言う至極単純な方法でも、
2,30分続けていれば、セロトニンがどんどん分泌
されてきます。


例えば、赤ちゃんがおしゃぶりを噛んだり、
仕事中に(それが許される環境であれば)
ガムを噛んだりと、
その、「効果」はご理解いただけるのでは
ないでしょうか?

この場合の効果とは、「イライラ解消効果」となります。


実はこれ、最近の脳科学の研究で明らかに
なってきておりまして、下記非常に興味深い実験が
ございます。


★神奈川歯科大(横須賀市)教授の小野塚實さん(脳神経科学)
が実施した実験

・20~60歳代の男女23人に、ヘッドホンで大音量の
非常ベルの音を聞いてもらう。

・全員がこの騒音に耐え切れず、ヘッドホンを外したく
なったとのこと(そりゃそうです)。

・今度はガムを噛んでもらいながら大騒音を聞いてもらうと・・・
なんと18名もの被験者達が、
「そんなに気にならない」と感じ、より長く騒音に
耐えられるようになったそうです。


そしてこの実験中、脳の活動を計測できる装置で計測
してみたところ、大音量のみを聞かされている時は
扁桃体の活動が活発だったが、ガムをしっかり噛み噛み
すると、扁桃体の活動抑制効果があったとのこと。


で、ここからが大きなポイントとなってきます。


扁桃体は、視覚や聴覚など五感から入った刺激が、
快か不快かを判別する部位なのですが、
噛む事によって扁桃体の活動が抑えられ、
大脳に不快信号が送られにくくなっているのでは
ないかとのことでした。


不快信号が送られにくくなると、当然ながら
ストレスの抑制にもなります。


セロトニンの分泌以外にも、このような効果も
あるのですね。

 

 

超オススメのガム


と言うわけでございまして、とりあえずガムを噛みましょう。


当然勇飛もガムを噛んでいるわけですが、
1つ問題があります。


ガムは他のお菓子に比べてカロリーは少なめですが、
それでも砂糖が使われています。

また、最近流行りのキリトール配合の「つぶガム」ですが、
これは噛めば噛むほど体積が小さくなってしまいますので、
噛み心地がよろしくありません。


そこでオススメなのが、歯科用の用途で開発された
下記ガムです。

★歯みがきガム(クラシエ社販売)
http://www.kracie.co.jp/products/hamigaki/


これ、勇飛もアマゾンで箱買いするほど気に入って
おりまして、最高です。


まず、砂糖がかなり抑えられており、全然甘くないです。
(ダイエット部分を気にする必要はありません)


そしてこれが肝なのですが、しこたま噛んでもガムの体積が
小さくなりません。

ですので噛みごたえ、半端ないです。

思う存分セロトニンを分泌させられまくりますね。


別にクラシエ社の回し者でもなんでもないのですが、
ぜひ一度試してみてください。

 


それでは次回はいよいよ最後の「呼吸」の
ご紹介となります・・・




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 噛み噛み咀嚼してセロトニンを分泌させ、ストレスを解消しましょう!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ