不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


副交感神経を優位にさせ、リラックスと精神安定を得る

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


対猛獣モードを鎮めるには・・・


猛獣に襲われた時に、「戦うか逃げるか」、
「ファイトオアフライト反応」が起こり、
自律神経の「交感神経」が優位になる。


しかしこれが頻繁に、また必要ない時にも
「優位」になると、「暴走」が起こってしまい、
不眠を始め、様々な不具合に悩まされてしまう
と言うのが、前回の内容でした。

 

 

・・・ではこれを鎮めるにはどうすればいいのか?

 

 


その答えは

[important]「副交感神経」[/important]

です。

 

前回の講座でもご説明しましたが、
自律神経系は「交感神経」ともう一つ、
「副交感神経」で構成されています。


おさらいのため、
再度以下文をお読みください。

 


※以下、第4回講座より抜粋

————————————————–

「交感神経」は、「興奮や緊張、活動」を司る、
いわば「動」の働きをする神経。


「副交感神経」は、交感神経とは真逆の
「リラックスや精神安定」を司る、
いわば「静」の働きをする神経。

 


交感神経が優位になると心拍数が高くなり、
1分間あたりの呼吸数も多くなり、血圧が上昇します。

逆に副交感神経が優位になると、心拍数は低くなり、
呼吸も一呼吸がゆったり長くなり、血圧降下します。


この「動」と「静」の二つの神経、正常な状態であれば、
クルマの「アクセル」と「ブレーキ」をうまく使い分ける
がごとく、互いに連携して働く事ができます。

————————————————–

 

つまり、「交感神経」が暴走しているのであれば、
「リラックスや精神安定」を司る、

「副交感神経」

の働きを優位にさせてやればよい、
と言う理屈になります。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副交感神経を優位にさせ、リラックスと精神安定を得る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]




このページの先頭へ