不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


疲労感なくなっても疲労自体は蓄積され続ける

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


大魔王、疲労物質FFの発する底なしの恐怖!!


この疲労物質FFに関しまして、以下おもしろい実験が
あります。


【疲労度計測実験】

☆栗拾い作業をやってもらい、疲労度をはかります。


1、AグループBグループに分け、共に同じ時間、
同じ量の作業をしてもらいます。


2、ただ一つ、Aグループだけには、
「栗拾い作業を頑張っただけご褒美の量が増えます」
と伝えます。
(ご褒美はステーキとビールです)
一方Bグループにはひたすらもくもくと作業を
してもらいます。


3、すると、Aグループの人達が感じる「疲労感」が
驚く程軽くなりました。

 

・・・以上、モチベーションやテンションが
上がった際によく見られる現象です。

 

 


が、しかし!!!

 

 

 

実はこれ、後ほど追加の実験で判明したのですが、
「疲労感」はなくなったものの、
「疲労」自体はれっきとして残っているんです。


あくまで「疲労感がなくなった」だけであり、
疲労そのものは残念がら引き続き蓄積され続けて
いくのです。

 

つまり、どんなにポジティブな精神状態で
仕事等の作業に臨めたとしても、残念ながら
疲労は残り続ける・・・

 

もしも仕事で、

「いや~、三日連続徹夜だったけど、ガンガン仕事
してやったぜ!!」

的な達成感を感じたとしても、それはあくまで
気分の問題であり、疲労物質FFの魔の手から
逃れられているのでは、決してないわけです。


ですので、何らかの疲労を取り去る措置を
講じない事には、ある程度まで調子よく
頑張れたとしても、いずれは限界が
来てしまうのです・・・(汗)





疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 疲労感なくなっても疲労自体は蓄積され続ける
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ