不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


副交感神経優位でリラックスモードを実現するには、生理機能を使う

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


はい、前回の講座含め、ここまで「自律神経」に
ついて、長々とご説明してきましたが、
結論は非常にシンプルで、

「副交感神経の働きを優位」

にさせる事さえできれば、ぐっすり眠れて疲れを
ふっ飛ばす事ができる、

と言うわけなのですね。

 


副交感神経は

「リラックス」
すると
優位になるのですが、
リラックス方法は色々とあります。

 


例えばおいしいものを食べたり、
恋人と過ごしたり、お風呂に入ったり
ペットに癒されたり、休日にレジャーに
出かけたり、

また、会社内での日々の業務でどうしても溜まってしまう
ストレスを発散するために、

「赤提灯で飲みに繰り出し、上司への愚痴合戦」

と言う戦法もありますね。


これはガチガチに交感神経過多になってしまっている
緊張を、愚痴を吐き出す事で一気にほぐす事ができたり
します。


なので多くのサラリーマンがその多大な効果を感じ、
「赤提灯リラクゼーション」を実施しているわけですね。

 

・・・以上のような方法で副交感神経優位のリラックス状態に
もっていってバランスを取る事ができるのですが、
しかし、もしも朝から番まで息をつく暇もなく、
半恒久的に鬼のように働かされまくるような状況に
さらされてしまっていたとしたら、
どうでしょうか?

 

こうなるといくら副交感神経の働きを強めてリラックスしたいと
思ったとしてもどうにもなりません。

 

ぶっちゃけ、いわゆる「ブラック企業」のような会社に入社してしまったら
最後、その会社を辞めるまで、一生の間自律神経が傷つきまくらなければ
ならないのでしょうか?

 

だとすると絶望ですね(涙)

 

しかしそんな心配はご無用です。

 

とある機能・・・

 

それは人間、否、生物であれば全て持っている
とある

「生理機能」
を使うと?




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副交感神経優位でリラックスモードを実現するには、生理機能を使う
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ