不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


横隔膜を上下させる腹式呼吸で意識して深い呼吸をする

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

 

深い呼吸でなければ、残念ながらアクセスできないのです!!


「呼吸」を使えば自律神経にアクセスできる・・・

しかしただ単に息をスーハーするだけは
自律神経にアクセスできません。
意識してする必要がある、と言う事は
既に先ほどご説明致しました。


きちんと自律神経にアクセスできる呼吸を
実施するには、

「意識」

して、


さらに

「深い呼吸」<
/p>

を実施する必要があるのです。

 

 

では、深い呼吸とはそもそも何なのか?

 

 

これを理解するにはまずは「呼吸の仕組み」を
抑えておく必要があります。


以下、少々専門的な話になってきますので、
できるだけ簡潔にレクチャー致します。

 

 

「胸式呼吸」と「腹式呼吸」


人は起きている時も寝ている時も、
それこそ四六時中、「呼吸」を行っています。

行わない時と言うのは存在しません。
※行わない時、それは死が訪れた時です・・・

 

そのいつもしている呼吸ですが、
実は「胸でする呼吸」と「お腹でする呼吸」の
二種類の方法があります。


それぞれ「胸式呼吸」と「腹式呼吸」と言います。

 

「胸式呼吸」、胸でする呼吸とは、「胸郭」と言う
胸部の骨格を使い、肋骨の間や首の筋肉の働きを
利用してする呼吸です。

 

一方、「腹式呼吸」、お腹でする呼吸とは、
「横隔膜」と呼ばれる器官を用いてする呼吸で、
お腹が膨らんだりヘコんだりします。

胸で呼吸する際の「胸郭」は一切使いません。


「横隔膜」と言うのは、肺と内臓の境目に位置する
筋肉の膜で、内臓を保護する役目を持つ、
非常に重要な器官です。

こちらの図が非常にわかりやすいので、
ご確認ください。
※イラスト調人体解剖図なため、まったくグロくないので
ご安心あれ。

http://health.goo.ne.jp/medical/mame/karada/jin001.html

 

上記図の通り、肺と内臓の間にちょうどいい具合に
すっぽりと収まっておりますが、
この横隔膜を上下させる事によって
する呼吸です。

 

以上が胸式呼吸と腹式呼吸の簡単な説明になります。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 横隔膜を上下させる腹式呼吸で意識して深い呼吸をする
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ