不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


腹式呼吸は酸素を多く取り入れ、内臓マッサージが可能

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


・・・さて、上記二種類の呼吸法ですが、
一体全体何が違うのでしょうか?

 

 

それはずばり、

「空気を肺に取り入れる量」

です。

 

 

結論から申しますと、横隔膜を使う

「腹式呼吸」

の方が断然多くの酸素取り入れる事ができます。


胸だけを使うよりも、
横隔膜を使う(上下させる)方が、
その構造上、大量の空気を肺に
送り込む事ができるのです。

 

 

また、腹式呼吸にはもう一点メリットがあります。


横隔膜を上下させると、同時に腹腔(おなかの中)内の圧力も
上下します。

これはいわば「マッサージ効果」と言え、
そのため胃腸をはじめ、内臓にプラスの刺激を与える事になり、
各種内臓機関の調子がよくなる効果が発生します。


内臓は外部からのショック(衝撃)から守るために「腹膜」によって
覆われています。


しっかりと覆われているわけですが、しかしながらそれは逆に
身体の外側からのマッサージが難しくなってしまうとも言えます。


つまり肩や腰等であればすぐにマッサージできますが、内臓は腹膜のガードに
よって、そういうわけにもいかないと言うわけです。


そういうわけで、横隔膜の上下運動と言うのは、貴重な内臓マッサージの
機会となるわけです。

 

 

・・・以上となりますが、実はこれらは
腹式呼吸の有効性の

「表向き」

の理由。


「腹式呼吸のメリット」として、
よく一般の書籍や雑誌で触れられている部分です。

 

 

しかし実は・・・

 

 

実は、ただ単に酸素を大量に補給でき、
内臓マッサージ効果があるに留まらず、
腹式呼吸はもう一つ、

「極めて極めて重要な働き」

を持っているのです。

 

 

「隠された超効果」

 

 

・・・それが、


それこそが


「自律神経アクセス権を持つVIPな生理機能」


の所以であり、最大の秘密であり、
当健康WEB講座のハイライト部分となります。

 


次回、心してお読みください。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 腹式呼吸は酸素を多く取り入れ、内臓マッサージが可能
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ