不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自律神経系、内分泌系、免疫系の働きでホメオシタシス維持

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


2000年の歴史を持つ神秘の技法、「ヨガ」とは・・・?


自律神経系アクセス権を持つ、
VIPな生理機能、「呼吸」・・・


しかし、ただ単に漫然とスーハースーハーして
いるだけでは、アクセスする事はできません。


そこで、「呼吸法」と言う技法を使う必要が
出てきます。

 

さて、この呼吸法。

 

実は古代インドにて発祥した修行法、

「ヨガ(ヨーガ)」

の体系・技法の一つであり、起源は古く、
なんと約2000年前にも遡ります。


あなたも「ヨガ」がどんなものか
知らなくても、言葉だけは聞かれた事が
あるでしょう。


ヨガについて詳しく語ると、またそれで
一つの健康講座になってしまうので、
割愛致しますが、ヨガとは簡単に言いますと、

「心身の調節方法」

なのです。


※さらにヨガには単なる「心身の調節方法」だけでは
終わらず、いわゆる「悟り」を目指すものなど、
様々な種類のものがあります。

ただ、今回はあくまで「健康法」としての
観点からレクチャーさせていただきます。

 

 

以上を踏まえまして、ちょっと話は変わるのですが、
あなたは、

「ホメオスタシス」

と言う概念はご存知ですか?

 

これは日本語に訳すと「恒常性」となります。


「恒常」とは、

「一定して変わらない事、状態」

と言う意味を示す単語であり、
つまるところ、生物は常に

「一定の状態」

を保とうと、生理機能が働くようできて
いるのです。

 

例えば体温は一定の温度に保たれています。


寒くなれば、つまり体温が「一定の温度(平均36度)」
から「下がれ」ば筋肉を震わせて体温を上げ、
逆に「上がれ」ば、汗腺から汗を出し、
体温を下げます。

 

また、血圧が一定のレベルに保たれたり、
(高すぎたり低すぎたりすると、いわゆる
高血圧、低血圧と呼ばれる不調状態となります)
傷口が塞がったり(自然治癒力)、
ウイルスや細菌を排除したりと、
我々の身体は、

「一定の状態」

を維持するよう、常にフル稼働しております。

 

具体的には以下の、

「自律神経系、内分泌系、免疫系」

と言う生理機能が、ホメオスタシスを維持するよう、
日夜働いております。


そして「ヨガ」は、この「ホメオスタシス」
を維持するための「技法・ツール」であると言え、
本格的にやればかなりの健康効果を見込めます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経系、内分泌系、免疫系の働きでホメオシタシス維持
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ