不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


ヨガの呼吸で自律神経にアクセスし、ホメオシタシスの働きを強化

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


ヨガの最終奥義、「呼吸」


さて、このヨガですが、色んなポーズをしたり、
精神統一をしたりと、数多くの細かい技法が満載の
一大体系を有するのですが、

全ての基本となるポイントが一つあります。

 

 

それが、「呼吸」です。

 

 

ぶっちゃけ、ヨガと言うものは、

[tip]「呼吸で始まり、呼吸で終わる」[/tip]

と言っても過言ではありません。

 

 

無数にある数多くの技法を行う際に、
そもそも「呼吸」がしっかりとできていなければ、

効果が半減するどころか、まったくなくなって
しまう懸念もあります。

※ちなみに優秀なヨガのインストラクターは、
呼吸に関するレクチャーに多くの時間を
割きます。

 

 

では、なぜ「呼吸」が一番重点を置くべき、
基本的なポイントとなっているのか?


前回の健康講座をしっかりとご受講いただいた
あなたであれば、察する事が可能かと
存じますが、

そうです、


[warning]「自律神経にアクセスできるから」[/warning]


なのですね。

 

「ホメオスタシス」を保つための「三大機能」の
一つが「自律神経系」であり、そこにアクセス
するために、呼吸を使うわけです。

 

当然、古代インドでは「自律神経」と言うような
言葉はなかったですが、

「ちゃんと(重要性を)わかっていた」

と言う事ですね。

 

ちなみに勇飛はヨガを習った事があるのですが、
教えてくれた先生がおっしゃるには、どんなに手法習得に走っても、
呼吸がしっかりとできていなければ、効果がほとんど出ない事がある
そうですね。


これは最もな話しで、そもそもヨガ実施の大きな目的の一つに
自律神経を整える事が含まれているので、呼吸があやふやだと
そもそも自律神経にアクセスできないわけです。


ヨガの呼吸こそ、ホメオシタシスを強化するための最終奥義なのですね。

 




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ヨガの呼吸で自律神経にアクセスし、ホメオシタシスの働きを強化
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]




このページの先頭へ