不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自律神経系は心臓の鼓動や呼吸を司る驚異的システム

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


生理機能の全てを司る、スーパーコンピューター。その名は・・・


はい、今回の講座、出だしから何やら難しい話に
なってしまっておりますが、
非常に重要な事をお伝えしておりますので、
なんとか頑張って内容を頭にインプットして
いただきたく思います。
(ここが勝負どころです)

 

さて、そんな複雑に働く生理機能ですが、
実は大本にはある一つの「系(システム)」の
存在があります。


この「系(システム)」のおかげで、一見バラバラに見える
全ての生理機能、生理活動が制御されているのです。

 

その「系(システム)」の名は、

「自律神経系」

 

・・・最近メジャーになってきて、各種書籍で
取り上げれているため、名前は聞かれた事が
あるかもしれませんが、

まさに「スーパーコンピューター」かのごとき
精度で働く、人間・生物に生まれながらに
備えつけられた「脅威的なシステム」なのです。

 

 

自律神経系とは?


まず、そもそも「自律神経」とは何なのか?


言葉通りになりますが、「自律して働く」神経、つまり
自分の意思とは関係なく自動(オート)で勝手に働く神経、
と言う事になります。


「睡眠」の働きはもちろんの事、内臓や血管、
呼吸までコントロールしています。


心臓が規則正しく動いたり、意識せずに呼吸ができたり、
胃が内容物を消化したり、喉が渇いたり、緊張すると汗が
出たりするのは全て、

自律神経の働きです。

※この偉大な働きに私達は感謝しなければなりませんね。

 

ちなみにこれとは逆に自分の意思で動かせる神経として、

「体性神経」

と言うのがございまして、これは「感覚・知覚神経」と
「運動神経」によって成り立っています。


ここで言う「運動神経」とは、「私運動神経ないんで~」
と言い訳(苦笑)する時の概念よりも、さらに広範な部分を
指し示しています。

※手の指先から足の指先まで、とにかく自分の意思で
動かせる範囲全てであると考えてください。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経系は心臓の鼓動や呼吸を司る驚異的システム
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ