不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自律神経系の「中枢部」は視床下部であり、腹式呼吸の隠された効果とは・・・

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

 

・・・以上が最高指令官、「視床下部」の持つ
「権限」ですが、いかがでしたでしょうか?

※ちょっと複雑なため、一発ではわかりにくいかと
思いますので、何度かお目通しされる事を
お願いします。

 

 

これはもはや「生命としての根源」部分を
押さえていると言わざるを得ませんよね。

 

ぶっちゃけここがやられちゃうと、
生命体として非常にまずい状態になるのは
明白で、はっきり言って最強です(汗)

 

それもそのはず。

 

実を言うと自律神経系の「中枢部」自体が、
この視床下部で構成されているのですから。

 

「視床下部」こそまさに生命システムの
「総指揮権」を持つ、「最高司令官」。

 

「全てを司(つかさど)る者」

 

と言っても過言ではありません。

 

 

もしも最高指令官をコントロールする事のできる
「命令書」があったとしたら・・・?


この最高指令官である「視床下部」指令ですが、
日々細心の注意を払いながら、非常にデリケートに
働いてらっしゃります(笑)


「ホメオスタシス(恒常性)」をしっかりと
保てるよう、緻密な計算の元、機能しているのです。

 

ですので我々人間のおそまつな欲望まみれの(苦笑)
「表面的な思考」ごときでは、とてもではないですが、
影響を与える事はできません。

 

 

が、しかし・・・

 

 

しかしただ一つだけ、この最高指令官に
「命令書」を発令し、動かす事のできる
方法があります!!!

 

「まじすか!?」

 

はい、「まじ」です。


それが、

「腹式呼吸の持つ、隠されたもう一つの効果」

なのです!!!

 

 

お待たせ致しました。

 

壮大なスケールの「前ふり」は
ここで終わり、いよいよその秘密を
伝授致しますね!!




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経系の「中枢部」は視床下部であり、腹式呼吸の隠された効果とは・・・
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ