不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


呼吸は自律神経系に自らの意思でアクセスし、コントロール可能

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

>さらに!!!なんと呼吸は「自律神経系」に
アクセス権を持つ、超超超エレガントな生理機能となります!!!


「呼吸が半自動・・・
なるほどなるほど。
でもそれがどうしたの?」


確かに、普通はそう思いますよね。


勇飛もかつてそう思いましたよ。

 

では、今からこの

「半自動である事のものすごさ」

をお伝え致します・・・

 

 

まずこれまでご説明した、自律神経系につきまして、
もう一度その働きを思い出してください。


自分の意思で働きかけのできる、運動神経等で
構成される「体性神経」と異なり、

自律神経は自分の意思で働かせる事ができない。

 

さらに自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で
成り立ち、

副交感神経の働きをアップさせ、
交感神経の暴走を抑える事が、
疲れをふっ飛ばすコツである、

と言うお話しでした。

 

 

・・・しかしながら、「自動で働く神経」な故に、
意識して「交感神経」の働きを弱くしたり、
「副交感神経」を活発に働かす事は
残念ながらできません。


運動神経のように、自分の意思で自由自在に
コントロールできればどんなにかよかったかと
思われるかもしれませんが、

そうすると「意識」しない事には
心臓や内臓を働かす事ができなくなるので、
現実的ではありません。

 

 

そこで、おいしいものを食べたりや、
恋人と過ごしたり、温泉に行ったり、
女性であれば岩盤浴やスパ等々で、

「外的な刺激・要因」

を用いて「副交感神経」に働きかけ、
活性化を図るわけですね。

 


しかしこれはあくまで「外的要因」に頼っているだけの話。

 


つまり、自分自身でコントロールできない、
人任せ的な受身姿勢であり、

いまいちダイナミックさに欠けます・・・

 

 

しかし、ここに究極レベルなビッグニュースが
あります!!

 

 

生理機能、「呼吸」のみ例外的に、

「自分の意思で」

自由にコントロールする事ができる。

 

 

と言う事は・・・?

 

 

そうなんです!!

 

 

これすなわち、

「自律神経系に自らの意思で思いっきりアクセス可能」

と断言できるのです!!

 

 

考えてもみてください。

 

 

「呼吸以外の他の生理機能」は、
全て自動的に働いている中、

「呼吸」

だけは、自分の意思で行う事ができる。


そして呼吸は自律神経系の働きである。

 

すなわち、少なくとも

「副交感神経の働きをある程度コントロールできる」

と言う仮説を立てる事ができますよね?

 

 

呼吸・・・

 

 

これこそ「自律神経系アクセス権」を持つ、

「状況を完全にひっくり返す事のできる可能性」

を秘めた、超VIP待遇な選ばれし

「神の生理機能」

なのです!!




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 呼吸は自律神経系に自らの意思でアクセスし、コントロール可能
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ