不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


適切に交換神経を緊張させれれば、仕事の集中力上がる

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

上司やお客さんに怒鳴られる事で交感神経が暴走してしまう・・・


やっかいすぎる暴れ馬、
交感神経君・・・(涙)


しかしながら、この交感神経君、
適切にコントロールできれば
社会で生きていく上で、
役に立つことこの上ないと言えます。

 

例えば見込み客と商談中に、より有利な状況で
商談をまとめようとすると、
頭を常時フル回転させる必要があり、
こんな時は

「交感神経戦闘モード」

が、かなり役に立ちますね。


ボサっとしてたらあっと言う間にアホみたいな
安値で買い叩かれるか、
失注(商談失敗)してしまうからです。

 

また、肉体を使って何かを作ったり、
一切の間違いが許されない作業、
例えばお医者さんが手術する時等々は、

「フルパワー交感神経戦闘モード」

で臨む必要があるでしょう。


そうすればぐっと仕事の集中力が上がり、
無事、患者の尊い命を救うことが
できるのです。

 

 


・・・さて、ここで一つ。

 

 

 

仕事で商談や何らかの作業をする際の
交感神経の緊張は、それらが終わった際には
なんと言いますか、

「ホっとしたような充実感」

に包まれる場合が多いですよね?


まさしく「一仕事終えたぜ」と言った感覚ですが、
これは

「適切に交換神経を緊張させられているから」

つまり、しっかりとコントロールできているから
こそ感じられる感覚です。

 

・・・しかしそうではなく、もしも上司やお客さんに
理不尽に、もしくは高圧的に怒鳴られたりした場合は
どうでしょうか?

 

これはまさに、

「身の危険を感じる突然のアクシデント」

であり、つまりは、

「猛獣に襲われた時の反応」


うまくコントロールできず、
残念ながら暴走しまくってしまうのです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 適切に交換神経を緊張させれれば、仕事の集中力上がる
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ