腹式呼吸は酸素を多く取り入れ、内臓マッサージが可能

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


・・・さて、上記二種類の呼吸法ですが、
一体全体何が違うのでしょうか?

 

 

それはずばり、

「空気を肺に取り入れる量」

です。

 

 

結論から申しますと、横隔膜を使う

「腹式呼吸」

の方が断然多くの酸素取り入れる事ができます。


胸だけを使うよりも、
横隔膜を使う(上下させる)方が、
その構造上、大量の空気を肺に
送り込む事ができるのです。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 腹式呼吸は酸素を多く取り入れ、内臓マッサージが可能
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

横隔膜を上下させる腹式呼吸で意識して深い呼吸をする

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

 

深い呼吸でなければ、残念ながらアクセスできないのです!!


「呼吸」を使えば自律神経にアクセスできる・・・

しかしただ単に息をスーハーするだけは
自律神経にアクセスできません。
意識してする必要がある、と言う事は
既に先ほどご説明致しました。


きちんと自律神経にアクセスできる呼吸を
実施するには、

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 横隔膜を上下させる腹式呼吸で意識して深い呼吸をする
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ヨガの呼吸で自律神経にアクセスし、ホメオシタシスの働きを強化

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


ヨガの最終奥義、「呼吸」


さて、このヨガですが、色んなポーズをしたり、
精神統一をしたりと、数多くの細かい技法が満載の
一大体系を有するのですが、

全ての基本となるポイントが一つあります。

 

 

それが、「呼吸」です。

 

 

ぶっちゃけ、ヨガと言うものは、

「呼吸で始まり、呼吸で終わる」

と言っても過言ではありません。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ヨガの呼吸で自律神経にアクセスし、ホメオシタシスの働きを強化
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自律神経系、内分泌系、免疫系の働きでホメオシタシス維持

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


2000年の歴史を持つ神秘の技法、「ヨガ」とは・・・?


自律神経系アクセス権を持つ、
VIPな生理機能、「呼吸」・・・


しかし、ただ単に漫然とスーハースーハーして
いるだけでは、アクセスする事はできません。


そこで、「呼吸法」と言う技法を使う必要が
出てきます。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経系、内分泌系、免疫系の働きでホメオシタシス維持
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

呼吸は自律神経系に自らの意思でアクセスし、コントロール可能

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


>さらに!!!なんと呼吸は「自律神経系」に
アクセス権を持つ、超超超エレガントな生理機能となります!!!


「呼吸が半自動・・・
なるほどなるほど。
でもそれがどうしたの?」


確かに、普通はそう思いますよね。


勇飛もかつてそう思いましたよ。

 

では、今からこの

「半自動である事のものすごさ」

をお伝え致します・・・

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 呼吸は自律神経系に自らの意思でアクセスし、コントロール可能
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ