不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


自律神経系の生理機能の中で、無意識(セミオート)でできるのは呼吸だけ!

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!


全てオート(自動)で事が済む人間の生理機能。しかし例外が一つだけあります


人間の、自律神経系が関連する生理機能ですが、
これは当然ながら、日々朝から晩まで

「オート(自動)」

で働いてくれていますよね?

 

心臓を動かしたり、食べたものを消化したり、
汗をかいたり、血圧をコントロールしたり、
各種ホルモン物質を分泌したり等々、
自分の意思とは関係なく、自律神経が
勝手にやってくれています。

 

だからこそ我々は日々の活動の中で、
心臓を動かす事に注意を払わなくていいわけです。

 

また、寝ている時にも当然しっかりと働いてくれるため、
安心して眠る事ができます。

 


これがもしも「自分の意思で」心臓を動かさなければ
ならなかった場合、寝ていると意識を失って
いますので、速攻で死んでしまうと。

残念ながら。

 

 

・・・以上、生理機能はオート(自動)で働いて
くれているわけですが、ここで一つ、

「驚くべき事実」

をお伝え致します。

 

 

実はたった一つだけ、「例外な生理機能」があるのです!!

 

 

その例外とは、、、

 

 

 

ずばり、


「呼吸」

 

 

 


呼吸は「セミオート(半自動)」な性質を持つ唯一の生理機能なのです!!


呼吸・・・

 

そうです、

今この瞬間、私も[[name1]]さんも行っている、
最も命に直結する生理機能です。

 

さて、一つお聞きします。


このスーハースーハーする呼吸ですが、
「無意識に」実行する事は可能ですか?

 

 


・・・可能ですよね。

 

 


もしも呼吸と言うものが、

「意識して」

しかできないものであれば、
大変な事になってしまいます。


寝てしまった瞬間、死が訪れる事になって
しまうでしょう。

 

 


・・・では、今度は逆に、


「意識して」


呼吸を行う事はできますか?

 

はい、息を鼻からゆっくり吸ってください。


十分に吸ったら、「2秒間」だけ息を止めて
ください。


そして今度はゆ~っくりと口から息を吐いて
ください。


肺の空気を残らず出しきる感じで、
息を吐ききってください。

 

 

・・・どうですか?

 

 

できましたよね?

 

 

・・・あれ?

 

 

そうなんです!!!

 

 

生理機能「呼吸」のみ、自分で意識して
行う事も(マニュアル)、
自動で無意識で(オート)行う事も
できるんですね。


数多の生理機能達の中でこんな芸当が
できるのは、

「呼吸のみ」

となります。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自律神経系の生理機能の中で、無意識(セミオート)でできるのは呼吸だけ!
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ