不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


生理機能でリラックスできるセロトニンやノルアドレナリン等のホルモンが分泌

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

人間の持つ生理機能のすごさ


「睡眠」は人間の持つ「生理機能」の働きの
為せる技ですが、この生理機能と言うのは
とにかく緻密かつ複雑です。


健康法をお教えする者として、日々色々と
勉強しているのですが、その中で学んだ事は、
単純な一要因だけで成り立っているのではなく、

「全体的な一つの系(システム)」

として働いていると言う事なのですね。

 

例えばある生理機能があったとして、それを
「機能」させるための要因(きっかけ)が、
A、B、C、D四つあったとしましょう。


このA、B、C、Dの四つの要因の中でも特に
「A要因が重要」な場合、当然ながらA要因が
元になって活発に働きますが、残りB、C、D要因も、
目立たないながらも重要な働きをします。

 

具体例で申し上げますと、例えば、

「リラックスするにはセロトニン(と言うホルモン)を分泌させればいい」

であるとか、


「怒りの感情を持った時に出るノルアドレナリンは
毒性が高く、病気になってしまう」

等々です。


しかしながら実はですが、


「リラックスするには⇒セロトニン」

「病気の原因⇒ノルアドレナリン」


と単純に決まるものではありません。


他のホルモンだったり、その日の体調、
環境要因等々、実に様々な要因が複合的に
影響しあいます。

 

また、有名な「右脳」「左脳」も同様ですね。

 

右脳は芸術を司る脳で、左脳は理論的思考の
脳である、と言われていますが、実は左脳と
右脳は互い協調しながらバランス良く働いて
いるんです。


確かにものすごく大雑把に言えば上記のようには
なるのですが、じゃあ絵を描く時は完全に右脳だけ
使って描いているのかと言えば、
まったくそうではありません。


絵を描く時にも論理的な、左脳的な判断を
要するポイントがありますし、一見論理的思考
しか使っていない時にも、右脳機能を必要と
する事が多々ございます。

 


・・・以上の事柄について詳しく書くと莫大な
ボリュームとなってしまうので詳細説明は
省きますが、「睡眠」一つとってみても、

実に様々な要因が働いて「機能」していると
言う事だけご認識いただきたいのです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 生理機能でリラックスできるセロトニンやノルアドレナリン等のホルモンが分泌
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ