不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


横隔膜の上下運動で神経電流が脳幹に到達し視床下部に指令

【勇飛健康講座】わずか3時間でも熟睡でき、疲労回復する方法を伝授!!

 

最高司令官への命令書、その正体は・・・「横隔膜」!!!


前回の健康WEB講座【第6回目(前編)】にて
お伝えした、「腹式呼吸」。


そしてこの「腹式呼吸」こそが、
人間の生理システムの全てをコントロール
している最高司令官、


「視床下部」


に「自分の側から」命令(コマンド)を与える事ができる、
唯一の無二の「方法」なのです!!

 


・・・さて、腹式呼吸は「横隔膜」と呼ばれる
筋肉の膜を、上下運動させてする呼吸であると
お伝え致しました。

 

 

実は・・・

 

 

この横隔膜の上下運動そのものによって、
「視床下部」に指令を与える事ができるのです!!

 

 

ちょっと難しいかもしれませんが、
極めて大事な根拠となる部分なので、
以下詳細説明を。

 

腹式呼吸によって横隔膜が動く際には、
「筋紡錘」や「肋間筋」から「神経電流」が生まれます。


※筋紡錘=筋肉の収縮状態を感受する器官。

※肋間筋=文字通り肋骨と肋骨の間に
張り巡らされている筋肉。

※神経電流=神経に指令を起こす信号
(厳密には実際のあのビリビリした電気の電流ではない)

 

 

この「神経電流」が呼吸中枢である延髄を通って
視床下部までに達し、「脳幹(視床下部の属す部位)」
を活性化させます。

 

 

はい、ここですごい事実が判明したわけですが、
横隔膜を運動によって、


「ダイレクトに視床下部を活性化」


させる事が可能、と言うわけなのですね。

 

 

横隔膜の上下運動・・・

 

 

これさえしっかりとマスターすれば、
最高の叡智をもってして人体を司る

「視床下部」

に、人為的にプラスの影響を与える事ができる、
と言うわけですね。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 横隔膜の上下運動で神経電流が脳幹に到達し視床下部に指令
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ