不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


【腹式呼吸メルマガ】第8号:病気の元凶、活性酸素

「酸素の供給量が少ないと、
身体に取り入れたものを、完全に燃焼させることができず、蓄積されていき、全身が錆びていってしまう」

との事でしたが、さらにもう一つ、酸素が不足すると、体中が錆びてしまう要素がございます。

それが、ご存知、

「活性酸素(かっせいさんそ)」

です。

近年、あ●あ●大辞典や、た●してガッ●ン等々の、有名健康番組で、散々取り上げられているので、名前は聞いたことがある、という方は多いはずです。

この活性酸素ですが実は・・・

多量に発生すると非常にやばいシロモノです(涙)

というのも、実は活性酸素と言うのは、その量が「少量」であれば、細菌やウイルスなどの進入異物を除去すると言った、いわゆる「消毒」のような役目を果たしてくれるのです。

が、しかし!!

一度その量が増えてしまうと、どんどんと活性化していき、酸化を促進してしまうのです。

当然ながら、活性酸素は体内の酸素の量が少なくなると、発生しやすくなります。


活性酸素についての詳しい話しは、ネット上の各種サイトで数多く説明されていますので、そちらの方で各自調べていただきたいのですが、簡潔に言いますと、この活性酸素と言うものが、すべての病気の原因になる、と言っても過言ではないらしい。


・・・そうです。

例の野口英世博士の、

「全ての病気の原因は、酸素不足である」

と言うのは、この活性酸素の事だった、とも言えるのですね。


では、酸素が不足すると具体的にどうなるのか?


代表的なものを挙げていくと、

●癌、心疾患、脳血管疾患をはじめとした、生活習慣病の発病。

●乳酸の抑制効果が低くなり、筋肉の緊張が取れなくなるので、肩こりや腰痛と言った症状が出やすくなる。
疲れが取れにくくなる。

●酸素が皮膚にいきわたらないと、皮膚が酸化してしまい、肌荒れ等の不具合が起こってしまう。
また、内臓、肝臓の働きも弱まるので、肌が黒ずんだり黄ばんだりしてしまう。


・・・他にも色々とありますが、なるほど、こうして見ると、酸素を取り入れ、いかに活性酸素を抑える事が大切か、と言うことが見えてきますね。

とにもかくも、酸素と言うものが、人に身体にとってどれほど大切なものか、と言う事がおわかりいただけたかと思います。

 

・・・が、しかし!!

 

ここで一つ、まことに残念なことをお伝えしなければいけません。

ある「二つの理由」から、現在の我々の社会では、過去の時代に比べて、酸素を十分に摂取する事が難しくなってきているんです。

その二つの理由とは?

次回、ご説明いたしますね。

 

 

■疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【腹式呼吸メルマガ】第8号:病気の元凶、活性酸素
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ