不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


病的疲労

病的疲労とは、生理的疲労とはまた違った種類の疲労です。

文字通りなのですが、病気・疾患を原因とした疲労で、「基礎疾患」がはっきりしているか否かでまた二つに分類されます。

 

基礎疾患


 基礎疾患とは、

「病気の元となる疾患」
を指します。


これだけではわかりにくいので具体的な例を挙げますと、例えば「高血圧」と呼ばれる疾患がありますが、この状態にあると様々な病気を発祥してしまうリスクが高いわけです。

高血圧が一番引き起こしやすいポピュラーな疾患が、「脳卒中や脳梗塞」等の、「脳血管疾患」ですね。

ですので「高血圧」と言うだけでは、疾患と言うよりも「状態」と言った方がよりしっくりきます。

当たり前ですが、高血圧でも脳血管疾患を発症しなければ、「疾患」にはなりませんので。

そして上記基礎疾患は他にも、貧血や心臓病、肝炎、気管支ぜんそく、感染症等々様々なものがあるのですが、それらを元に疲労が引き起こってしまうわけですね。

当然ながらこの種類の疲労は、あきらかに「病気・疾患」となって引き起こっておりますので、まずは医療機関を受信し、適切に治療する必要があります。

 

■慢性疲労症候群


病的疲労にはさらに、「基礎疾患を伴わない疲労」も存在します。

「基礎疾患を伴わないのに病的な疲労なのですか?」

そうご疑問にお感じになられるかと思うのですが、実は基礎疾患を伴わない病的疲労と言うものが存在します。

それが、

「慢性疲労症候群」

です。


これはどういうものかと言いますと、病的な疾患(基礎疾患)が見受けられない、原因不明の激しい全身的倦怠感が、長期間(だいたい六ヶ月以上)続いてしまう状態を言います。

あまりに辛いため医者に行っても特に疾患はなく、原因不明の場合にこう診断される事が多いです。

こちら慢性疲労症候群につきまして、現代社会に大変な影響を及ぼしている疾患でございますので、別のページで詳しくご説明させていただきますので、ぜひご一読いただければと思います。

ただ今作成中




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 病的疲労
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:疲労の分類

このページの先頭へ