不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


末梢性(肉体的)疲労について

末梢性疲労とは、脳以外の身体(末梢)、すなわち筋肉部分の疲労を指します。 こちらは例えば引越し作業で荷物を運んだり、激しめに肉体を酷使したり、長時間何らかの作業をし続けた場合等に出る症状です。 「筋肉の疲労」 ですね。 また別の項で詳しくご説明致しますが、身体(筋肉)は、疲労物質の影響によって疲れてしまいます。 その際に「疲労」として以下のような各種症状が出てしまいます。 ●朝起床する際になかなか起床できない。ダルさを感じる。 ●倦怠感。例えるなら、常にズブ濡れの服を着ながら歩いている感じ。 全身が重い。 ●吐き気。じっとしていると特に体調が悪くなってくる。 ●にぶ~い感じの頭痛。症状は軽いものから重いものまで様々。 ●眠気。夜寝る前に訪れるような健全な感じの眠気ではなく、倦怠感を伴ったどんよりした眠気。 ●食欲の低下。食欲が湧かず、満足に食事ができない。 ●下痢や便秘、腹痛等 ●目の疲労(眼精疲労) ●肩や腰のダルさ、痛み この末梢性(肉体的)疲労は、休息によって解消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 末梢性(肉体的)疲労について
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:疲労の分類

このページの先頭へ