加齢による疲労~予備能力について~その2、疲労困憊状態からの回復度合いの差

※前回の記事はコチラ


「普段発揮しているパフォーマンス」と「最大パフォーマンス」の差分を「予備能力」と呼ぶ・・・


差分が少なければ、予備能力が高く、多ければ低いと言う事になります。


ではこれが何故加齢による疲労に関係しているのか?

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 加齢による疲労~予備能力について~その2、疲労困憊状態からの回復度合いの差
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

加齢による疲労~予備能力について~

20代の頃は「3徹(3日間徹夜する事)」したにも関わらず、その週末に2連続で会社の方と平気で飲みに行けた。

こういう話をたまに聞かれるかと思います。


しかしながら、30代、特に30代半ばを超えると、とたんに上記のような無理がきかなくなると言います。

また、仕事や勉強においても集中して長時間実施すると、20代の若い頃に比べて、あきらかにパフォーマンスの低下を感じてしまう事があるかと思います。


この点について、本項目ではレクチャーさせていただきます。

この投稿の続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 加齢による疲労~予備能力について~
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このページの先頭へ