不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


加齢による疲労~予備能力について~その2、疲労困憊状態からの回復度合いの差

※前回の記事はコチラ


「普段発揮しているパフォーマンス」と「最大パフォーマンス」の差分を「予備能力」と呼ぶ・・・


差分が少なければ、予備能力が高く、多ければ低いと言う事になります。


ではこれが何故加齢による疲労に関係しているのか?


まず、予備能力が高い状態を考えてみましょう。

「普段のパフォーマンス」と「最大パフォーマンス」の出力の差が少ない場合、予備能力が高い状態であると言えますね。


例えば野山を駆け巡る小学生達(今どきあまり見かけないかもしれませんが・・・)を見てみましょう。

それはもう全力で走りまわります。

互いに追いかけ合いっこしまくります。

当然疲れて「ハァハァ」となるわけですが、ちょっと座り込んだと思ったらすぐまたおもむろに立ち上がってキャッキャッし始める・・・

その光景を例えば祖父母夫婦が見て「元気がいいねぇ・・・」と目を細める。


では何故疲労困憊な状態から、またすぐに立ち上がって走り回れるようになるのかと言うと、

「普段のパフォーマンス」と「最大パフォーマンス」の出力の差が少ないから
ですね。


つまりすぐに疲労回復できる、電化製品でたとえると、すぐに充電が完了する、と言ったところでしょうか。


しかしこれを80代の高齢者が同じようにするとどうなる事でしょうか?


ヘタをすれば心臓麻痺を起して、突然死してしまう可能性がありますね。

つまり「普段のパフォーマンス」と「最大パフォーマンス」の出力の差が大きすぎると言うわけです。


加齢によって普段のパフォーマンスがどんどん下がっていくと・・・?


残念ながら加齢していくと言う事は、身体が衰えていくと言う事ですので、普段のパフォーマンスがどんどん下がっていきます。

下がっていくと当然ギャップによって、最大パフォーマンスを発揮する時により疲労を強く感じる事になってしまい、何をやるにもヘタってしまうわけですね。

野山を駆け巡る子ども達とはまったく逆の状態になってしまうと。


従って、できるだけ加齢による普段のパフォーマンスの低下を防がなければならないわけですが、どのように防げばいいのかは、疲労回復の項でレクチャーさせていただきますね。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 加齢による疲労~予備能力について~その2、疲労困憊状態からの回復度合いの差
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ