不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


睡眠不足と疲労~睡眠を取らないと死んでしまいます~ 

あなたが常に、または頻繁に疲れを感じている状態にあるのは、「疲れやすいから」に他なりません。

では何が原因で疲れやすくなってしまうのか?

実は原因は「肉体面」と「精神面」、二つの側面があります。


まずは「肉体面」から見ていきますが、「睡眠」が非常に重要な要素となってきます。

実は睡眠は疲労の原因主原因である、「疲労物質FF」を消去(リンク)するための最も優れた手段の一つなのですね。

逆に言えば睡眠をしっかりとり、熟睡できていないと疲れが取れにくくなります。



睡眠に関するとある実験


こちら睡眠に関しての有名な実験ですが、動物を眠らせずにずっと起こしておくと、最後には死んでしまうとの事。

子犬で6日、ラット(実験ねずみ)で10~20日程不眠でいると、死んでしまったそうです。

残酷な実験ではありますが、睡眠は生命維持に多大な影響を及ぼすほどの力を持っていると言うわけですね。



食欲、睡眠欲、性欲、いの一番に優先されるのは・・・


動物、特に哺乳類の持ついわゆる

「三大欲求」

と呼ばれる本能・・・

生命を維持、繁殖していくために必要不可欠な本能ですが、この中でも

「睡眠欲」がダントツで優先
されます。


これはご自身の身に当てはめてみると、よりクリアにご理解いただけると思いますが、「数日間不眠不休な上、究極にお腹が空いている状態」を思い浮かべてみてください。

この状態の時に、目の前に豪勢なご馳走が出されました。

このご馳走はいつ食べてもいいです、となると、とりあえず何をおいても先に「寝たい」と思う事でしょう。 (食べるのはぐっすり眠って起きた後でいい)


どんなに食いしん坊の方でも、

睡眠欲には勝てません。


「寝ていいよ」と言う事になれば、それこそ線が切れたように、バタンと気絶するがのごとく眠ってしまう事でしょう。


このように、「睡眠」と言うのは

生命維持と大変強い結び付きをもった「本能」
であると言えますが、これがどのように疲労に関わってくるのでしょうか。


次項に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 睡眠不足と疲労~睡眠を取らないと死んでしまいます~ 
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ