不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


ストレッサーがないストレスゼロ状況が精神に与える影響とは?

※前回の記事(まだ読まれてない方はお読みください)


外的刺激によって心身に生じてしまう歪み、それをストレスと言います。


さて、この「外的刺激」ですが、実に様々な種類が存在し、これらを「ストレッサー」と呼びます。


ストレッサーには暑い、寒い等の「環境要因ストレッサー」、ウイルスや花粉などによって引き起こされる「生理的ストレッサー」等々さまざまなものがございます。


これらストレッサーですが、しかし実を言いますと、悪さをするばかりではなく、生活していくに当たって、これまた重要な役割を発揮する場合があるのです。



ストレスゼロの弊害


実はこのストレスですが・・・


人体にいい影響を及ぼすストレスと、悪い影響を及ぼすストレスが存在します。


「え!?身体にいいストレスなんてあるの!?」


と思われるかもしれませんが、あるんですね。


この話を進める前にちょっと「刺激」と言うものについてレクチャー致します。

こんな実験をご存知でしょうか。

まったく何もない真白な部屋に入り、そこでしばらく過ごすと・・・?

体温調節機能低下・意識が朦朧としてきて、幻覚・幻聴が起こってしまった

と言う実験結果が出ました。


これは大変怖い話ですが、「刺激」がゼロになってしまうと、人間の意識や身体は正常に機能しなくなってしまうと言う事ですね。

つまり適度な刺激、ストレスは人間にとって必ず必要なものとなるのですね。


次回、この事についてさらに詳しくレクチャ致します。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ストレッサーがないストレスゼロ状況が精神に与える影響とは?
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:精神面の疲労・疲れ

このページの先頭へ