不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


動物は決して過労死するが事ない

極度の責任感やある種の快感の影響で、疲労感が「マスク」され、正確に疲労感を感じられなくなる・・・

こうなると気付けば生命を脅かすレベルの疲労が蓄積してしまっていて、それが原因で過労死に至る場合が多い。


この過労死ですが、

実は「動物」には存在しません。


動物(哺乳類、鳥類、等々)ですが、彼らもなかなかと言うか、かなり過酷な環境にさらされています。


具体的に申しますと、まずは「餌」取りですね。

生きていくためには当然ながら餌を摂取しなければならないのですが、これがなかなか過酷です。

そう簡単に餌が見つかりませんし、餌が何らかの生物だった場合、逃げられたり反撃されたりして、時には返り討ちに遭う事もあります。


次に

「身を守る行動」
ですね。


これは上の餌を取るのとは逆に、自分が餌になる事を回避する、と言うわけですね。

基本的にはどんな動物でもいわゆる「天敵」と呼ばれる存在がおり、天敵からあらゆる手段を用いて身を守る必要があります。


・・・さて、上記二つの行動ですが、当然ながらものすごいストレスがかかってしまうであろう事はご想像できるかと思います。


しかしながら再度申し上げますが、動物は過労死する事はありません。

それは人のような「理性」を持っていない、及びその働きが弱く、「本能」が第一に働くからです。


どういう事かと言うと、例えばライオン等はお腹がいっぱい、満腹状態であれば、目の前で小動物等の獲物が無防備に昼寝をしていたとしても、決して襲う事はありません。

これは「食欲」と言う本能が満たされているので、それ以上過剰に満たす必要がないからですね。

同じように、極度の疲労を感じている時も、餌が目の前を横切っても決して動かず、疲労回復に努めます。

満腹であれ疲労であれ、

徹底的に身体の声(=本能)に従います。


これが動物には過労死がない理由ですが。

が、人間の場合は本能に加え、理性や意識等、複雑な働きを持っていますので、「本能の声」をマスクしてしまうわけなのですね。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 動物は決して過労死するが事ない
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ