不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


リアルタイムに疲労度を計測できる疲労物質FF

リアルタイム疲労計測ができる?


疲労物質FF、実はこれ、リアルタイムに疲労を計測可能な成分として、産業労働衛生分野で注目されているそうです。

これはかなり画期的です。

以前の自覚的疲労感と他覚的疲労感のギャップの項目(リンク)でもお伝え致しましたが、感じている疲労感の度合いは客観的に示し辛く、周囲に納得してもらう事は極めて困難と言うお話しでした。

しかしきちんと数値で計測できると言う事は、風邪をひいた時に熱が何度あるのかどうかでしんどさを判断できるように、疲労度も判断できるようになると。


この「計測できる事」がもたらす社会的利益
は計り知れません。


例えば電車やバス、長距離トラック等の運転に従事されている職業運転手の方々につきまして。

当然ながら「安全に運転する」と言う事がまず第一に求められる職業なのですが、時おり痛ましい交通事故が起こってしまっています・・・

事故と言うのは様々な要因が重なって起こるわけですが、やはり過労による眠気や注意散漫等が主原因となっている事は否めません。


しかし、血中の疲労物質FFの増加具合によって疲労度を客観的に計る事ができれば、例えば

就業前に疲労度を把握する事ができる

わけです。


もしも異常に数値が高ければ、ストップをかけるか業務内容の軽減を計る等、大事故を未然に防ぐための何らかの措置を取る事ができるわけです。


では一体全体どのような仕組み、流れで疲労を計測できるのか?

次項でご説明させていただきます。



※こちらの講座を受講すれば、あなたの血液中の疲労物質の値はみるみるうちに下がっていくはずです。
↓ ↓
★【~7日間集中健康WEB講座~】★ 10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リアルタイムに疲労度を計測できる疲労物質FF
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ