不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


乳酸と疲労の関係

「疲労と言うのは乳酸が原因で引き起こされている」

少し詳しい方であれば、上記の話しを聞いた事がおありだと思います。


しかし結論から申しますと、最新の研究では「乳酸」と言うのは疲労の原因どころか、

疲労回復や軽減する効果がある
事が判明しています。


では何故乳酸が疲れの原因であると言う風に認識されてしまっているのでしょうか。


そもそも乳酸がどういう状況で発生するのかをご説明すると、例えば50メートル走や筋トレ等の激しい運動をした場合に発生します。

激しい運動は、体内の酸素を「燃料」として激しく消費して実施する、「無酸素運動」と言います。

※逆にゆるやかに酸素を消費しながら行う運動を有酸素運動と言います。


さて、この無酸素運動ですが、激しく酸素を消費するがゆえに、当然ながら体内の酸素が消費され尽してしまいます。

こうなると何か代わりの燃料を運動のエネルギー源にする必要があるのですが、酸素の代わりに「グリコーゲン」や「ブドウ糖」を消費し、エネルギーに変換します。

この変換過程で発生するのが「乳酸」であり、この乳酸が筋肉に溜まるわけです。


で、筋肉に乳酸が溜まるとその影響で筋肉が収縮した際に歪に収縮してしまい、痛みや疲労が発生したのではないかと推測されました。

しかしながらさらなる実験・検証を繰り返していってみたところ、21世紀に入り、乳酸の増加と疲労の因果関係がまったく見られない事が判明しました。



乳酸の疲労回復効果


それどころか、むしろ乳酸には「疲労回復効果」を持つ事実が判明しました!!

とある米国の権威ある科学誌に、「乳酸は筋肉疲労を軽減し、より滑らかに動くよう手助けをしてくれている」と言う論文が発表されました。

つまり炎症を抑えてくれる潤滑油のような働きですね。

さらに、疲労研究の権威である渡辺恭良教授(大阪市立大学)も

「乳酸は脳の神経細胞の栄養源にもなっており、疲労の原因どころか回復の味方です」

と説かれたそうです。(2005年、国際疲労学会シンポジウムより)


以上、これまでの乳酸に対する誤解が解くためにお伝え致しました。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 乳酸と疲労の関係
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ