不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


好き嫌いと疲労の関係性

ご褒美をもらえると・・・?


さて、以前ご紹介した「自覚的疲労感と他覚的疲労感のギャップ」の記事でちらっとご紹介致しました、「疲労感を感じない疲労」につきまして、レクチャー致します。

※以前の上記記事をまだお読みになられていない場合は、必ずお目通しください。

自覚的疲労感と他覚的疲労感のギャップ


疲労の原因は活性酸素が細胞を傷つける事によって発生するタンパク質、「披露物質FF」である、と言う事でした。

※参照

「疲れは疲労物質FFによって引き起こされている!」


このFFが発生すれば当然人体は疲労感に苛まれるわけですが、実は!!

疲労の感じる度合は状況によってかなり異なってくる
のですね。


以下はとあるTV番組で実際に行われた実験内容及び結果です。

・NHK総合「ためしてガッテン」

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20091104.html

 

【疲労度計測実験】

☆栗拾い作業をやってもらい、疲労度をはかります。

1、AグループBグループに分け、共に同じ時間、同じ量の作業をしてもらいます。

2、ただ一つ、Aグループだけには、「栗拾い作業を頑張っただけご褒美をあげます」と伝えます。
(ご褒美はステーキとビールです)
一方Bグループにはひたすらもくもくと作業をしてもらいます。

3、最終的に、Bグループに比べ、Aグループの人達が感じる「疲労感」の方が驚く程軽くなりました。


いかがでしょうか?


ご褒美がもらえるとわかるとテンションがあがり、疲れを感じにくくなる

と言う事ですね。

 


好き嫌いと疲労


他には、例えば好きなギターを弾いたりTVゲームやったり等々、趣味に没頭した時は少々徹夜してしまったとしても、疲れません。(もちろん次の日は眠いですが)

逆にですが、ものすごくつまらない授業や、単調で興味が湧き辛い作業等を強要された場合、大嫌いな人物と長時間同じ空間にいなければならないハメに陥った時等は、仮にただ座ってるだけであっても、まるで身体中が重石になったように、非常に疲れるのではないでしょうか。

あなたも上記のような状況をご経験された事があるのではないでしょうか。



実は、これが「疲労感を感じない疲労の秘密」となるのですが・・・


事項に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 好き嫌いと疲労の関係性
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ