不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


退屈・飽きも実は疲労の一種

蓋を開けたり閉めたり、同じ作業を延々と繰り返してください・・・

こう命令され、実際に実行したとしたら、あなたはどう感じますか?

当然ながら、ヘタをすれば作業開始早々くらいの段階で、強烈に「飽きて」くるはずです。


さて、この飽き、退屈な状態ですが、何故故発生するのでしょうか?

実は「脳」がダイレクトに関係してきているのです。 (当たり前と言えば当たり前ですが)

ご存じ脳は五感で感じた全ての情報を集積し、処理する機関であり、四六時中処理に終われています。

パソコンの「CPU(中央演算処理装置)」であるとご認識ください。

処理の他に脳はさらに「指令」の役割も担っています。

身体を動かす、言葉をしゃべる、段取りを考える、暗記・計算等々。

そして退屈・飽きはどうして発生するのかですが、例えば蓋をひたすら延々と開け閉めする作業をする時に使う「脳の部位」はまったく同じとなるわけです。

同じ作業、動作を実施している間は、その部位しか使われていない=その部位に負荷がかかる、と言うわけですね。


こうなると、どうなるのか。

いわゆる「オーバーロード」状態に陥ってしまいます。

※オーバーロード=過負荷

過剰な負荷がかかると当然その部分は「疲れて」きますよね。

従って、その負荷に起因する「疲れ」をなんとかしようと、脳は退屈・飽きると言う感覚を起こさせます。

この感覚が起こると、その作業をやめたくなったり、他の作業・動作をしたくなったりしますね。

実はこの時点でもう既に疲労が蓄積してしまっているのです。


そしてこのまま退屈・飽きると言う、いわば「脳からのサイン」を無視していると・・・?

事項に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 退屈・飽きも実は疲労の一種
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ