不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


気分転換や仮眠で退屈・飽きのサインを解消

※前回からの続きです。


退屈や飽きると言った脳からのサインを無視して作業等を続けると・・・

次の段階として「睡魔」に襲われます。

眠くなってくるわけですね。

例えば会社等での「精神的苦痛しか感じられない、おそろしく無意味でつまらない会議」を思い浮かべてみてください(苦笑)

あるいは昼食後の昼下がり、念仏のように教科書を棒読みするだけの、おそろしくつまらない大学教授の授業を受け場合、も同時に想像してみてください。


以上のような状況にさらされると、「退屈のサイン」がフルMAXで発信されまくる結果となるわけです。

そしてこの「眠気」と言うフルMAXで発信されまくっている退屈・飽きのサインを無視するとどうなるのか?


今度は激しい「倦怠感」を感じてしまいます。

こうなると相当な疲労が溜まってしまっている状態ですので、非常に危険です。



退屈・飽きのサインを感じたら・・・


以上、退屈・飽きに関しまして、非常に重要であると言う事がご理解いただけたはずです。

従いまして、もしも日々の生活の中で、退屈・飽きを感じられましたら、素直にそのサインに従い、気分転換をしてください。

特に

5分でも10分でも仮眠を取れれば、見違える程に回復します。
(疲労回復につきましては、また別のカテゴリーでレクチャー致します)


しかしながら、突然想定外に大量の仕事が入って来た等、どうしても仮眠はおろか、気分転換する余裕や時間がない時が出てくるかと思います。

そう言った場合は、例えば右手でやっていた作業を左手でやってみたり、手順を少しだけ変えてみたり、緩急をつけてみたりすると、脳の違う部位を使う事になるので、結果的に蓄積する疲労を和らげる事ができます。


また、雑念を取りはらい、集中状態にもっていくと言う方法もありますが、また別のカテゴリーで詳細をレクチャーさせていただきます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 気分転換や仮眠で退屈・飽きのサインを解消
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ