不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


疲労(疲れ)の持つ「非客観性」

「痛み」「発熱」に続く三大アラームの一つ、「疲労」ですが、この疲労については「非常にあやふやなサイン」だと周囲にとられてしまう傾向にあります。


どういう事か?


まず「痛み」ですが、骨折したり腰が痛かったり切り傷や打撲等の「痛み」の場合、これは極めて「わかりやすい」です。

例えば骨折だと包帯でグルグル巻きにされている等、見た目でわかりやすいですし、またもしも自分も骨折した事があれば、その痛みは安易に想像(イメージ)できます。

※切り傷や打撲等も同じ


次に「発熱」ですが、これもいわずもがなで、生まれてから一度も風邪を引いた事がない方以外は、その辛さを理解できるはずです。


しかしながら、「疲れ」はどうでしょうか?

「もう歩く事もやっとなくらいの疲労感に襲われているので、欠勤(欠席)します」

と訴えかけても、なかなかすんなりとは認めてくれず、「甘えるな!!」と一喝される場合も多いのではないでしょうか。


それもそのはず、「疲れ」と言うのは、どのくらいの辛さなのかを、

客観的に周囲が納得するように説明・アピールする事が極めて難しいから
なのですね。


例えば陸上部で長距離マラソンに取り組んでいる高校生と、50代後半のメタボ気味の運動歴・習慣一切なしの男性が、二人とも同じ距離だけを走ったとして、「感じる疲れ方の度合い」はどうなるでしょうか?

言わずもがなであると思いますが、疲れと言うのはこのように、人によって大きく認識が違ってきてしまう、と言う現実があるのです。


このような性質を持っている「疲れ」ですが、逆に「悪用」する事もできてしまいます。

「もう疲れましたので」

と言う言葉一つで、人間社会で発生する様々な現象から逃れる事ができてしまうわけですね。

いわゆる「サボる」と言う現象ですが、疲れの度合いと言うのは他人にわかりにくいので、強固に主張する事によって、それ以上の追求等を受けにくくなる傾向にあるのです。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 疲労(疲れ)の持つ「非客観性」
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:疲労(疲れ)とは?

このページの先頭へ