不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


「痛み」「発熱」「疲労」三大生体アラーム

さて、「疲れた」と言う時の「疲れ」と言うのは一体全体何なのでしょうか?

「疲れを引き起こす原因」につきましては、当サイト次項以降でご説明致しますが、この項では「疲労とは何か」と言った部分につきまして、レクチャー致します。

疲れ、疲労・・・ これは本当に「嫌なもの」ですよね? 「疲れ」さえなければ、もっともっと仕事に勤しんだり、一晩中遊べたりするのに・・・

しかしながら、この「疲れ、疲労」と言うのは、動物の生命維持のために、「必要不可欠な働き」で、生体への言わば「警報信号装置」なのですね。


その警報装置は「三大生体アラーム」と呼ばれ、

「痛み」「発熱」「疲労」
がそれです。


まず「痛み」について。 これは言わずもがな、ですね。

もしも痛みをまったく感じなければどうなるかと言うと、身体に無理がかかっても無理をし続けてしまいます。

本人は痛みがないので無理だとは思わないと言うか、そもそも「無理」と言う感覚すらわかりません。

結果、「無理の限界を突破」してしまい、大変な事になってしまいます。

ちなみに一見こういう状況なんて起こり得るはずない、と思われるかもしれませんが、痛みをまったく、あるいはほとんど感じない、「先天性無痛無汗症疾患」と言う疾患があるそうです。

次に「発熱」ですが、これは感染などに対する生体防御反応であり、体温を上げる事によって、進入してきたウイルス・細菌等の感染源をしっかりと駆除できます。

この発熱も、当然辛い(本当に辛い!)症状ですが、もしもこの機能がなかったらいつまでたってもウイルス・細菌を駆除できず、最悪の事態を迎えてしまいかねません。 では「疲労(疲れ)」はどうでしょうか?

 

事項に続く

疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「痛み」「発熱」「疲労」三大生体アラーム
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




カテゴリー:疲労(疲れ)とは?

このページの先頭へ