不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


活性酸素が抗酸化作用が効かずに大量発生してしまう原因

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について


活性酸素が大量に発生すると・・・?


外敵を排除するための強力な武器(ミサイル)となる活性酸素・・・


しかしながら、ミサイル(活性酸素)を大量に撃ちまくると、
正常な細胞を傷つけてしまう事になります(汗)


なので適切な量だけ撃ちこむようにすればいいのですが、
しかし残念ながら昨今の我々の生育環境では、
活性酸素がより過剰に発生しやすくなって
しまっているのですね・・・

 

ではどのような原因によって活性酸素は大量発生してしまうのか?

 

 

活性酸素の大量発生原因


下記過剰に大量発生してしまう原因を列挙します。

 

【その1】喫煙

⇒これはマジでヤヴァいです(汗)
まずタバコの煙の中には今さら言うまでもないですが、
各種有害物質が含まれていますね。

まず、それら有害物質に反応してミサイル(活性酸素)を
大量発射してしまいます。

これが1点。


で、実はなんですが、タバコの煙自体になんと、
「過酸化水素」が含まれているんですね。


これ、覚えてますか?


そうです、「フリーラジカル」がより酸化力の
強い物質に変化した姿で、「恐怖の活性酸素四天王」
の一角ですね。

・スーパーオキシドアニオン
・ヒドロキシラジカル、
・過酸化水素
・一重項酸素
(計四つの化合物)

つまり、上記四天王のうち一人が、タバコの煙に
元から(デフォルトで)含まれていると言う、
なんとも恐ろしい事実が・・・!


さらに極めつけは、いわゆる「抗酸化作用」を持つ、
ビタミンCを破壊してしまう働きも持っており、
喫煙=活性酸素増大、と言う図式は避けられません。

 

【その2】激しいスポーツや運動、体力を著しく消耗してしまう各種仕事、作業等で多量の酸素を消費したとき。

⇒疲労によって増えてしまうと言うわけですね。

 

【その3】濃度の高い酸素を一度に多量に取り入れてしまった場合。

⇒今回の「活性酸素の章」シリーズでご説明してきました通り、
濃度の高い酸素は酸化力が強く、毒性を持っています。

当然普通に空気中で呼吸する際には酸素濃度が薄まって
いますので特に大きな心配はありませんが、
なんらかの事情で急激に大量に純度の高い酸素を取り入れて
しまった場合は、活性酸素が大量に発生してしまうと言うわけですね。

 

【その4】体内に各種病原菌が侵入してきた際。

⇒これはあれです、病原菌倒すために例のミサイル(活性酸素)を
撃ちまくるからですね。
当然発生しまくってしまうと。


【その5】車の排気ガスや工場の排煙を吸ったりしたとき

⇒はい、これはもうご存知、「ダイオキシン」関連ですね。
今や都市部のみならず、田舎に行っても数値高いらしいので、
絶望的ではありますが、仕方ありません。


・・・以上の他にも、活性酸素が発生してしまう原因は
まだまだあります。

 

★大きな●●をしたり、強い●●を感じたとき。
★大量の●●(●●等をしている時)を浴びたとき。
★●●を浴びたとき。
★体内に●●や●●等の●●が入ってきたとき。
★●●を浴びたとき。
★飲酒(●●だと活性酸素が大量発生)


えっと、伏せ字だらけで何が何やらわからないかと思いますが(失礼)、
これには理由があります。
どんな理由かと言うと・・・?

 

これにつきましてはまたじっくりと、
レクチャーさせていただきますね。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 活性酸素が抗酸化作用が効かずに大量発生してしまう原因
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ