不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


活性酸素の免疫力は、細菌やらウイルスを撃退する

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

 

もしもデビルリバースの脳内に、自分の意のままに操る事ができるようになるコントローラーを埋め込めるとしたら・・・?


細胞核までをも傷つけてしまう、恐怖の大魔王、
「疲労物質FF」の父親、活性酸素(デビルリバース)。


もうどないしようもない程凶悪、
破壊者以外の何者でもありません・・・


しかしながら、この「デビルリバース」が持つ最強の
「殺傷力」を、あなたの体内に侵入してくる
「外敵」に対して、使えたとしたらどうでしょうか?


つまり、身長約20メートルな上、古代インドの
殺人拳法まで身に付けたデビルリバースの脳内に、
自在に対象物を操れる、怪しげなコントローラーを
サクっと差し込んで・・・


こちら側の「味方」にしちゃうと言う寸法です!!

 

ハリウッド映画等でお馴染みの、
最凶最悪のロボットに、善なる心に変わるような
プログラミングを施し、自分の味方として、
今度は(かつての味方である)悪のロボット軍団に
立ち向かわせる、的なシチュエーションですね。

 

「敵に回せばげに恐ろしいが、もしも味方に
なったとしたら、これほどまでに頼もしい味方は
他にいない」


とは、デビルリバースのためにあるような言葉です(笑)


※ちなみにリアルに、アニメ北斗の拳でも、
ジャッカルと言う小悪党(超弱い)が、デビルリバーズに近づき、
「自分はおまえの味方である」と言うような事を吹き込んで、
主人公であるケンシロウを倒すよう仕向けました。

まさに

活性酸素を有効活用
したわけです(笑)

 

 

あなたの体内に侵入してくる「敵」に
対して、免疫を発揮してれるのが活性酸素なのです!!


これはご存知、言わずもがな、ですが、
この地球上には多種多様の細菌やらウイルスやらが
ひしめいております。

※中にはデビルリバーズか、それ以上の
凶悪さを誇るものも存在します(汗)


そしてこれら細菌やらウイルスの類は、
人間をはじめとした、あらゆる生命体に
対して常時、進入、侵略を試みています。


で、実際に侵略が成功すると、
それがもしも「風邪ウイルス」であった場合は、
いわゆる

「風邪ひいた」

状態になってしまうわけですね。

 

そこで人体は、それらからの攻撃を防御、
撃退するために、


「免疫システム」


を搭載する事にしました。


いわゆる「免疫力」の免疫ですね。


免疫についての詳しいメカニズムは、
また別の講座シリーズでレクチャーさせて
いただきますが、

実は・・・

 

デビルリバース(活性酸素)は、この免疫システムの
正常運用に一役買っているのです!!

 

どう一役買っているのか?


以下、順序立てて。

 

免疫システムと言うのは、進入してくるウイルスや
細菌等の外敵を撃退するために働く、
専門の「細胞」が連携をとって機能します。


具体的には「白血球(はっけっきゅう)」と呼ばれる、
血液中に含まれる細胞成分が活躍します。


この「白血球」は、

「顆粒球、マクロファージ、リンパ球」

等々の細胞で構成され、それぞれの
細胞は多種多様な働きをします。


※ちなみに例の癌細胞を滅殺する、最強の
殺し屋「ナチュラルキラー細胞」は、
リンパ球の構成要素となります。

 

これらの細胞をわかりやすく、「自警団細胞」と
呼びましょうか。

 


ではこれら自警団細胞はどのようにして
外敵を攻撃するのか!?

 


長くなりましたので、次回に続きます。




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 活性酸素の免疫力は、細菌やらウイルスを撃退する
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ