不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


【活性酸素の害】コレステロールは不飽和脂肪酸で酸化しやすい

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について


コレステロール・・・ただのデブ発生装置ではない?


細胞は「細胞膜」と言う膜で全体を覆われて
います。

これはいわゆる、「バリア(防護壁)」の
役割を果たす、非常に大切なものです。

 

そして実はこの細胞膜は

「コレステロール」

できていたりします。

 

コレステロールとはあなたもご存知の
「脂肪」となります。


コレステロールと言うと「=デブ」みたいな
イメージを持たれてしまうかもしれませんが、
人体にとってなくてはならない物質なのですね実は。

 

しかしながらこの細胞膜には

「不飽和脂肪酸」

が多く含まれております。


不飽和脂肪酸は非常に不安定で、
酸化しやすい性質を保持。


ですので、活性酸素みたいな強烈なのに
襲われると、すぐに酸化し、

「過酸化脂質」

と化してしまうわけですね・・・

 

つまり、これの何がまずいかと言うと、
細胞を守るガーディアン(守護者)であるべき
細胞膜が、一瞬にして殺されてしまう点です。


よく映画やアニメ等で、どこかのお城やお屋敷を
守っている門番が、侵入してきた賊に一瞬で
やられちゃうシーンがありますが、

まさにあれです。


まぁ、デビルリバース(悪魔の化身)に侵入されて、
守り切れる実力を持った門番なんてそうそういませんが・・・

 

 

緊急事態発生!!「過酸化脂質」から「デビルリバース」出現!!ただちに避難せよ!!


さて、この過酸化脂質ですが、コレステロールだけでなく、
「中性脂肪」から発生したものも存在します。

※コレステロールと中性脂肪は同じ脂肪では
ありますが、性質が異なる別ものです。
そういう場合、聞いた事があるかもしれませんが、
「◯◯由来」と言うような言い方をしますね。


この中性脂肪由来の過酸化脂質ですが、
なんと・・・

 

「スーパーオキシドアニオン」

 

を発生させてしまいます。

 

そう、こちら先ほどご紹介した
「デビルリバース(活性酸素四天王)」ですね(汗)

 

実はこのスーパーオキシドアニオン、
活性酸素四天王の中でも最も毒性が強い、

「最凶&最強の四天王」

でございまして、主に細胞に対してガンガンに
狂ったような勢いで破壊攻撃を仕掛けてきます。

 

細胞、特に「核」が傷つくと、大変ヤバイ事に
なってしまうのは少し想像を働かせれば、
ご理解いただけると事と思いますが、

具体的にどうなるのかと言うと・・・?

 


いいところですが、長くなりすぎて
しまいましたので、次号に続きます!!

 

 


★四天王最凶のスーパーオキシドアニオンを
倒すには、こちらも「最強の呼吸法」で
臨むしかありません!!

しつこいですがデビルリバース退治には勇飛式転龍呼吸法で!!(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【活性酸素の害】コレステロールは不飽和脂肪酸で酸化しやすい
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ