不眠やうつ(鬱)を改善し、疲労回復するためのアドバイスをする講座


心臓は緊張と収縮を繰り返し、大量の血液を全身に送る

【勇飛健康講座】活性酸素と健康について

 

まだまだ酸素のものすごさをレクチャーして
いきますよ。


さて、これは勇飛もごく最近知ったばかりの話で、
「ものすごくビビった」ので、
あなたにもシェアさせていただきます。

 

まず、酸素は「肺」に取り入れられるのは
ご存知かと思います。


肺の中は「肺胞」と呼ばれる器官があり、
ここに酸素を取りいれ、血管に供給します。


血液中に酸素を補給するわけですね。


そしてその血液ですが、そのままでは当然
身体中に巡らないので、勢いよく巡らす
必要があります。


ポンプのようにズキュンズキュン勢い良く
巡らせられるようにできればいいのにな・・・

 

そんな思いを、空気を汲んだからかどうかは
わかりませんが(笑)、まさにうってつけの

「血を全身に巡らせるために働く器官」

が備え付けられています。

 

それが、

「心臓」


よく理科の授業等でイラストの図解が
出てきますが、何やらややこしい構造を
していますよね。

※イラスト図解
http://health.goo.ne.jp/medical/mame/karada/jin015.html

 

これ、一言で言うと血液を送り出す機能に
特化された「ポンプ」なのですね。


さらに具体的に言いますと、

「筋肉でできた袋」

であり、その袋が絶えず収縮と拡張を繰り返し、
ものすごい勢いで全身に血を巡らせているわけです。

 

その拍動数毎分70回、1日述べ約10万回、
さらに「一生」で計算すると実に、

「30億回」

にも達します。

※30億回も動き続けるってほんとにすごいですよね(汗)




疲労回復実現への処方箋

会社での厳しい激務の結果、ドス黒い疲労がギンギンとまとわりつき、毎日死ぬかと思うほどの苦痛に晒されているアナタへ・・・

わずか3時間しか寝れなくても、海より深く熟睡でき、朝日と共に目覚めるやいなや、あら不思議。
すっきりリフレッシュできてしまっていると言う、薬なしの実践法をお教え致しますが・・・

さらに今だけの期間限定、疲れを吹き飛ばすための方法を具体的にまとめた、「勇飛式健康法レポート」を、講座内にて無料プレゼント させていただいております。
※プレゼント配布は予告なく廃止致します。

興味がおありであれば、今すぐ下記ページへお進みいただき、ご受講ください。

先着100名様のみ無料でご受講いただけます!!


★【~7日間集中健康WEB講座~】★
10秒で気絶するかのごとく爆睡し、3時間睡眠でもしっかり熟睡、疲れをふっ飛ばせる秘技を伝授!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 心臓は緊張と収縮を繰り返し、大量の血液を全身に送る
Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark




このページの先頭へ